ありのままの子育て

嫌われる先生の共通点。常識より当たり前の大切さ。

更新日:

「これ言っていいのかな。悪いのかな」と悩んだときは「ありがとうって思ってもらえるかな」と考えてみてください。

最も大切なのは「ありがとう」です。

 

正しいからやるんじゃなくて。

今までそうだったからとか、みんながしているからではなく。

 

ただ相手から「ありがとう」と言ってもらえるか。

 

「ありがとう」には「ありがとう」が返ってきます。

エゴにはエゴが返ってきます。

 

”嫌われる人”はそんな当たり前が分からなくなっている状態。

 

思い返してみてください。

”嫌われる先生”とはそんな当たり前が分かっていない先生です。

 

先生は常識人でしょう。でも当たり前が分かってない。

人間関係の当たり前は何か。それは「ありがとう」です。

 

「ありがとう」が根元で、枝葉として常識や正義や正解があります。

 

根元をおろそかにして、葉っぱの話をすると、どんな立場でも嫌われます。

そんな当たり前のことが分からなくなる。学校の悲しさです。

 

”反面教師”に根っこを大切に。常識よりも”当たり前”の感覚。

 

「ありがとう」を増やしてください。

photo by Mario Antonio Pena Zapatería

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.