やさしいお母さんになるには

大人になって捨てたモノはなに?子どもの心を理解する方法

投稿日:

子どものころは夏休みの間に色んなイベントがありました。

蝉を虫かごいっぱいに捕らえて大合唱になったり。

 

おばあちゃんがくれた蝉のぬけがらを木にくっつけてみるもののすぐに落っこちて。

「ぬけがらはくっつかない」という事実に気づいて、葉っぱの上に置いてみたり。でも落っこちる。

 

近所の公園でカブトムシを見つけたときは大興奮でした。

みせびらかしたい衝動に駆られたものです。

 

私たちは大人になって何が変わったのでしょうか。

身長?体重?肌や髪質などの外見?

 

一番変わったのは心の有りようです。

 

昔は世間関係なく蝉が好きだったんです。

夢中で追いかけていました。

 

でもやがて蝉に価値はないことに気づきます。

追いかけるのをやめます。

 

お金や地位や名声や褒められるなど、みんなが良いと思うモノを一緒に求め出します。

 

私たちは見た目ではなく心が変わったんです。

自分だけがいいと感じていたものから、みんなが良いとされるものに興味がうつりました。

 

「蝉に価値はない」という世の中の価値観に従いました。

でもやっぱり楽しくない。大人になっても毎日がなんだか虚しい。

 

それは自分の心を捨てられてしまったから。

 

でもまだ遅くはありません。もう一度拾いにいきましょう。

 

 

子どもの心を理解する授業。サロン会員さん募集しています。

「子どもの心が分からない」

 

そんなお母さんもおられます。

多くは「自分の心を捨てられてしまったから」にあります。

 

「アダルトチルドレン」という概念や「毒になる親」といったものも同じものです。

いじめや不登校からの立ち直り、また世の中の成功法則でもあります。

 

「心を捨てないこと」です。

 

自分の心が理解出来れば、相手の心が理解できます。

自分が心を捨てれば、相手にも捨てることを求めます。

具体的に言えば「蝉を追いかけるのをやめて、もっと勉強しろ」などです。

 

当サイト夢へのenzinではブログに加え、動画配信・メール相談・カウンセリングを通して「心を取り戻す授業」を行っています。

捨てられてしまった心をもう一度拾いにいきましょう。そこまでご一緒します。

 

動画配信・相談はこちらから

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.