やさしいお母さんになるには

夏休みはゲームばかり。禁止にしたら勉強するかな?

投稿日:

本サイトは「やさしいお母さんになる方法」として愛情を第一とするお母さんになる道順を紹介しています。

コツは正しさより愛情です。でもつい「こうしなければ」となってしまいますよね。

 

「家でゲームばかりしている」

「外に出て遊ばない」

 

こんな場合は「ゲームを禁止の方がいいのかな」と迷うことあるはず。

 

ここで「正しさ100%」で考えると禁止にしたくなります。

子ども時代は学びの時期。「厳しくいかねば」とゲーム禁止令を出したくなる気持ちは分かります。

 

ただ絶対禁止はオススメいたしません。

 

なぜならゲーム禁止にしたら勉強や外で遊ぶとは限らないからです。

「ゲーム止めたけど毎日漫画読んでます」みたいなこと間違いなしです。

 

子どもは基本反抗したいので、親の思い通りにはいきません。

なので禁止にされたら別の遊びに移行するんです。

 

ちなみに私も子ども時代ゲーム三昧でした。

禁止にされたら別の遊びをしていたでしょう。

 

実際「ゲーム禁止にしたら勉強した」という話は聞きません。

 

「遊びたい」という気持ちは禁止できないですからね。

 

愛情で考えるとこうなる

「正しさ3:愛情7」くらいで考えるとゲームはこうなります。

「1時間だけ」「宿題終わってから」「休みの日はOK」などです。

 

愛情とは気持ちを受けとめることです。

「ゲームしたい」「遊びたい」という気持ちは受けめるんです。

「その気持ちは分かったよ」ということです。

 

その後に「正しさ3」で条件をつけましょう。

「1時間だけ」「宿題終わってから」などです。

 

ゲームの良さもある

お子さんの肩を持つわけじゃありませんが。

 

ゲームはゲームで良さもあります。

友達との話題やきっかけづくり、没頭することでのストレス解消です。

 

友達関係は「好きが同じだ」で繋がりますから。

大人にもストレス解消が大事なように、子どもも同様ですよね。

 

悪い事ばっかりでもないので「正しさ3:愛情7」くらいの気持ちで受け止めてあげてください。

 

調味料のさじ加減のようなものです。

 

「正しさ9:愛情1」だと濃くて食べてくれないのです。

「正しさ3:愛情7」くらいが丁度いい。「これならOK」と口にしてくれますよ。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.