スポンサーリンク

 悪い事ばかりなわけがない

モニター相談の方とお話しました。

話していて、こちらが元気をもらえるほどの方でした。

 

私の文章に共感いただける方は「応援したい」という気持ちの強い人が多いのかもしれません。

最後は私の方が励ましてもらって恐縮&感謝です。

 

今回の相談者の方は「こうしたい」という夢が見つかりつつあります。

もうすでにあるといってもいいでしょう。

 

相手の気持ちに寄り添う会計士になりたいそうです。

なぜなら、出会ってきた会計士が事務的であり、仕事的であったから。

 

「周りはそうだけど、自分は寄り添う会計士でありたい」

これぞ、夢です。

 

「周りに流された方が楽」

「明日も今日と同じような日であってほしい」

人にはそんな欲求があります。

 

それでも離婚を決意されました。

結果は、夢を見つけ、お子さんたちも健やかに育っているそうです。

娘さんの話をされていましたが「気持ちの強い子なんです」と嬉しそうでした。

 

シングルマザーは不幸になる。

嫌でも離婚しない方がいい。

 

そんな話は、溢れていますが、真逆の話も溢れています。

 

良い結婚はあります。良い離婚もあります。

頑張れば関係が良くなることもあります。

離れることがお互いのためのときもあります。

 

「私がどうしたいかで進んでいけばいいんですよね」

ご相談者の方はそうおっしゃっていました。

 

今までは親や配偶者の「こうあるべきだ」という支配的な環境にいたそうです。

現在に至るまでの過程を想像すれば「大変でしたね」と言葉にするのも憚れます。

 

それでも「私はこう思う」という感じることをやめなかった。

チャンスは考えるものでなく、感じるもの。

改めてそう思えるひとときでした。

 

この方はブログ記事を読んで「ヤスさん嬉しかっただろうな、って思ったんです」とおっしゃってくださいました。

 

その記事は私が先生時代に「先生好きー!」と毎日言ってくれた男の子の話。

「お母さんも自分の子が「先生好き!」と言っている様子を見て嬉しかったと思います」

この言葉に私の涙腺が緩みました。

 

この世に正解が一つしかないわけありません。

あなたの感性にあった、あなただけの正解があります。

 

今回の方は「離婚しよう」と自ら思われたそうです。

「私はこの人と一緒にいることがイヤなんだ」

そう思ったとき、連鎖的に「離婚しよう」と決断されたということでした。

 

現在、「寄り添う会計士になりたい」と夢を抱かれています。

合わせて「会計士が自分のゴールじゃないかもしれない。それも正解だと思うんです」

ともおっしゃっていました。

 

相談いただいた方、誠にありがとうございました。

最後、私の夢も語りましたが、必ず実現させてみせます。

お互い目指していきましょう。

心より応援しております。