スポンサーリンク

遠慮?自己否定?

一人や二人ではありません。

相談者の方から「お時間取らせて申し訳ないです」「ヤスさんのお邪魔になっているのでは」と言われることがあります。

私の不徳といえば不徳なのですが、否定的な自分への想いがあるように感じています。

 

世の中には自分と他人しかいません。

「自分に価値はない」と思えば、他人を否定するか、依存するかです。

 

あなたの想いや願いはくだらないことはないでしょう?

周りが喜んだり、幸せを願うもののはずです。

 

相手のことを考えたら「自分が我慢すべきでは」と考えてしまいます。

それは遠慮してなのか、自己否定なのか。

 

「良かった」と思えば、そのまま遠慮です。

「イライラする」と思えばそれは自己否定です。

 

「どうやったら自分は輝くんだろう?」ともっと考えてみませんか。

その結果はワガママでも、他人を不幸にするものでもないはず。

 

子どもはその天才です。「自分をもっと!」と主観的です。

好奇心や愉快さを大切にしてみてください。

日常のあらゆる場面で、もっと子どものように、貪欲でいい場面は多いのではないですか。

 

「教育だけではダメだ」

私はそう強く思っています。

客観的に評価されることを最高と思ったり、自分の想いを評価する人が多すぎる。

評価できない、比べられないことなんて山ほどあります。

 

「自分の想いはくだらないものだ」

こんなことを考えている人がいたらどう思いますか??

 

でも、みんなこれをやってしまいます。

おそらくは教育のせいです。

私は学校に恨みはないですが、そこは違うと思っています。

 

「自分はこう思う」

そんな自己啓発が必要です。

 

あなたの思ったこと、願うこと、夢はくだらなくありません。

1ステップです。

「自分の想いを叶えるように生きていこう」そう思ってみましょう。

買い物で興味あるものに手が伸びたり、ちょっとワガママやルーズになれたら良い感じです。

 

それであなたが破綻することはありません。

「破綻したい」とあなたは願っていないからです。