やさしいお母さんになるには

門限を守る子と守らない子の違い。反抗する本当の理由とは?

更新日:

お子さんのことを「カワイイ!」と感じられていますか?

カワイイと感じられていない場合に「私が悪いんだ」と考えてはダメですよ。考え方を変えるだけでそれは解決します。

 

ポイントは正しいお母さんを止めてやさしいお母さんになることを意識することです。

人を変えるのはいつの世も正義ではなく愛なのです。鉄板の法則ですので覚えておいてください。

 

なぜ子どもは門限を守らないのか

夏休みに入りました。

この時期になると心配になるのは夜間の外出です。

 

「門限を守るように子どもに言い聞かせても守ってくれない」

 

そんな悩みを持つお父さん、お母さんもいるでしょう。

門限を伝える際はどのようにして教えていますか?

 

「中学生が何時に帰ってるんだーー!!」

 

と怒ってはいませんか?

 

「中学生は早く帰るのが当たり前」「みんな早く帰るんだから」「女の子なんだから」

そういったもっともな理由を並べてしまうと、それは正しいお母さんなんです。

 

「正しいことを言って何でダメなの??」

と思われるでしょう。

 

理由を述べますと子どもを変えるのは正しさではなくだからです。

正しいから言うことを聞くのではなく愛されているから言うことを聞くんです。

 

夜の12時に帰宅する中学生

実例を持ってお話します。

私は学習塾で先生をやっていたことがあります。その塾で毎日夜中の12時に帰る中3の女の子がいました。

 

「毎日12時?親が甘いの??」と思うじゃないですか。

 

真逆です。親御さんは彼女に対してとても厳しくしつけをしています。

 

むしろ彼女の生活は制限だらけです。

受験前の中3生になってからはそれがより強くなりました。

 

彼女のお母さんは典型的な正しいお母さんなんです。

彼女に対して「中学生が夜中に帰ってくるとは何事だ」「受験前なんだから勉強しなさい」と正しさで門限を守らせようとします。

 

私は彼女の不満のはけ口状態になっていたので、彼女なりの反論を聞くのです。

「遅く帰っている人は他にもいる」「要は受験に受かればいいんでしょ」と彼女なりの理屈で反論を持っているんです。

 

でも彼女はお母さんと実際に言い合うことはしないんです。

それはお母さんの方が強いからです。「親vs子ども」では勝つのは必ず親ですから。

 

彼女は勝てないお母さんに対しアリバイ工作をしていました。

「塾で勉強するから」といいわけを作って家に帰らないようにしていたのです。

 

やさしいお母さんはこう考える

やさしいお母さんは「正義より愛情の方が大切だ」というのを感覚で知っています。

門限を守らせるには「あなたが心配だから早く帰ってきなさい」というニュアンスで伝えるのです。

 

子ども友達と遊んで遅くなった場合は怒るより心配する気持ちが強いものです。

「言いつけを守ってない!」ではなく「無事帰ってきてくれて良かった」と考えています。

 

そんなお母さんに対し子どもはどう思うか。

「心配かけて悪いなぁ」とお母さんに対して申し訳なく感じています。

怒られるから帰るのではなく、心配かけたら悪いから帰るのです。

 

分かりますでしょうか。ここに正しいや間違っているといった理屈は存在しません。

親子ともに相手を思いやるしかないんです。

 

正しさや正当性、罰則で門限を守らせるのではなく愛情で守らせてください。

「早く帰らないとお母さんに心配かけちゃうな」という想いで門限を守ってもらうんです。

 

正しいお母さんにも愛はある

冒頭で「カワイイと感じられないのはお母さん自身のせいじゃないですよ」と言いました。

 

そうです。正しいお母さんにも愛は必ずあります。

 

ただ表現方法をご存知ないだけなんです。

今回の話で「私は正しさで門限を教えていた!」と思っても決してあなた自身に問題や罪があるわけでありません。

 

その証拠として「お子さんが門限を守ってくれない」と悩んでいたらまず愛情を伝えてください。

 

正しさを教える方法は「これが正しいんだ!」と主張して言いくるめることじゃないんです。

子どもに愛情を伝えてから「これが正しいんだよ」と教えることです。

 

方法さえ間違わなければ想いは必ず伝わりますから。

 

蛇足的ですが「言い聞かせた」ではなく「想いが伝わった」という瞬間をぜひ味わっていただきたい。

想いが伝わった瞬間。それはもう幸せの一言です。

 

やさしいお母さんも真面目だからとか、道徳的にやさしいお母さんをやっているわけではないんです。

やさしいお母さんでいる方が幸せを沢山感じられるから、やさしいお母さんで居続けているんです。

photo by Anthony Doudt

 

子どもではなく親が変わると幸せになれます

なんだか怪しいフレーズですが「子どもではなく親が変わると幸せになれる」は鉄則です。

子どもは絶対に親の思い通りには育ってくれないんです。

 

「親だから」「育てているんだから」「正しいのはこっちだから」

そういった理由は全て子どもには通じません。理屈じゃないんですね。

 

子どもを変えようとするのではなく、お母さんご自身がまず変わってみてください。

愛情がないのではなく、表現方法が間違っていただけです。

 

愛情を感じられないのであれば、今ご自身がいっぱいいっぱいでないですか?

夜眠れなくなったり、不安感や焦りが急に襲ってきたりはしませんか?

 

お子さんを変えようとする前に、そんなお母さん自身の心をどうかご自愛ください。

「こんな私ではダメだ」と思わないでいいんです。

 

お子さんは夜更かし出来るまでになって、反抗も出来るようになりました。

そこまで育て上げた時点で既にあなたは良いお母さんであり立派なお母さんです。

 

「今の私で十分なんだ」と思えれば、周りの人に対しても思う事が出来ます。

それがやさしいお母さんになるための一歩目です。

photo by Ray Dumas

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.