スポンサーリンク

覚悟したからこそ

今、青春時代を取り戻そうと頑張っておられる方がいます。

先日、対面相談をしてきました。

ふと「この年齢でやっと気づいて今から青春をやり直す感じなんです。子ども時代に子どもらしく過ごしたかったなぁ」とおっしゃっていました。

 

このような場合、何も返事が出来ません。

ただ安心していただきたいのです。私はこう思っています。

自分の気持ちに正直になれば、失ったものは返ってきます。

 

私は子ども時代は子どものまんまで育ちました。

大人になってから感性を閉じたことがあります。

たった数年ですが、這いつくばってるような気持ちで日々を過ごしていました。

今は寝蹴出して、ハイテンションで日々を過ごせています。

 

「もう二度とあの頃には戻るまい」と私は決意しています。

失敗したからこそ、「あ、ここは妥協したらマズイ」など場面も分かってきました。

順風満帆で生きていたら、中途半端に過ごしていただろうと思うのです。

 

不幸は覚悟をくれます。

あるお母さんの話です。

ご自身がいわゆる「毒親」と言える親の元で育ってこれられました。

今、大分その影響から抜けられて、明るくユーモラスになっています。

自分探しの真っ最中です。間違いなくここから上がっていくでしょう。

元に戻ることはないと思っています。

 

しかも、この方は今後一般の人以上に感性を開いた人生が待っています。

 

私は神様でも何でもないですが、全てに意味はあるんです。

失ったものではなく、今あるものを数えてみてください。

 

失った時間ではなく、残された時間。

その時間は今までの繰り返しでは絶対にありません。

 

不幸を経験したからこその底力があるんです。

「もう二度と戻るまい」

そんなことが言えるのは不幸を経験した者のみだけ。

 

捨てる勇気をもってください。

今まで出会ってきた方々はどこかで勇気を持たれました。

 

「親を捨てる」というのは恐怖であり、道徳に反しています。

ただ安心していただきたいのは道徳とは建前です。

あなたがギブアップを感じたなら「捨てる」という行為を決断してください。

 

私は世の中にはもっと個性が必要だと思っています。

そのために学校教育の在り方は否定します。私の知り合いに先生は多いですが、そこはもう捨てています。

大きな結果を出したアスリートは、交友や遊びを捨てています。

 

何かを得るには何かを捨てることは避けられません。

反対に言えば捨てれば、必ず入ってきます。

 

あなたが欲しいものは、誰かを困らせたいだとか、自分だけが得したい等では決してないですよね?

「優しくなりたい」「自分がされてきたことを繰り返したくない」など善いものを願っているはず。

 

戸惑いに負けず、捨てましょう。

新しく入ってくるものは、必ず善いものです。

あなたが望んでいるものが善いものだからです。