やさしいお母さんになるには

毒親にならない方法。「教える子育て」が全てじゃない。

更新日:

大人は子どもに何かを教えるものでしょうか。

大きな勘違いがあると私は思っています。

 

「子どもは自ら学ぶものだ」「個性や自主性が大事」という割には、私たち大人は子どもに教えていないでしょうか。

 

子どもには意志があります。

自分で感じて、選んで行動したいのが子どもであり、人間です。

 

「教える」のではなく「伝える」ことが大人の役割です。

 

いわゆる毒親や学校の先生はなぜ子どもたちから嫌われるのか。

それは「教えるものだ」という上下の関係、共感をなくした姿勢にあります。

 

国語や算数など答えのあるものは教えられます。

それ以外のものは答えが無数にありすぎて教えられないものです。

 

ないものをあるように教えるから、子どもは離れていきます。

 

「伝える」でいいんです。

親が持っている知識、大人の知恵を伝える。

伝えたものをどう扱うかは子どもの自由です。

 

教える親、教える先生ほど嫌われます。

伝える親、伝える先生は好かれます。

 

子どもは惹かれる人に自然と似てきたりもするものです。

それが教育ではないですか。

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

障害ある子どもたちは特別支援学校や支援学級にて勉強をします。 学ぶ内容は自立活動であり、教科学習、生 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.