ありのままの子育て

勉強や進路に意欲がない。押しではなく引きの意識。

投稿日:

「押してダメなら引いてみろ」と言いますよね。

お子さんが勉強への意欲を失ったり、進路で迷ったりしたら。

押すのはやめて引いてみましょう。

 

とはいえ何もしないわけじゃないんです。

「押す」っていうのは「勉強しなさい」「将来どうするの?」などのお説教です。

「引く」っていうのは、好きなことやったり、一人になってぼーっと考える時間を設けるということです。

 

学校は「押し」の一手ですよね。

塾や教材なども「押し」の一手なんですよ。そっち方がお金になるからでしょうね。

 

だから家庭は「引き」が大事なわけです。

 

親子で「引く」

肝心なのは親子で好きなことやることです。

我が子だけ遊んでいると、我慢出来なくなるはずです。

私は以前先生やってましたが、正にこの状況でした。

 

どこまでも深く落ちこんでいた時期あったのですが、そうなると子どもの自由も制限したくなってくるんです。

相手への思い=自分自身、なんですね。

 

だから自分も好きなことやって遊ぶんですよ。

私は今では、楽しませたくてしようがない。私自身が好きなことを追求しているからですね。

 

というわけで、学校は「押し」です。

家庭は「引き」を大事にしてください。ただ子どもだけ「引き」ではイライラしたり、「このままではダメではないか」など焦ってしまいます。

 

一緒にせーのっ!で親子ともに変わるんですよ。

一人の時間とか、あるじゃないですか。こっそりプチ贅沢とか出来ますよね。

 

ちょっとやってみるんですよ。「あれ、出来た!」っていう感じで「引き」が出来ます。

お母さんにもお子さんにも良い循環が生まれてきますよ。

 

 

親と子をつなぐ新しい基準。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinでは「サロン」を開いています。

サロンとはネット上で集まるカルチャースクールです。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画配信(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは言えない話や読者さん同士の交流など)

・メルマガ発行(不定期発行)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは「この子が幸せになるためには?」をテーマに情報配信しています。

好きと思いやりを育むことで、子どもたちはもっと前向きになれます。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.