やさしいお母さんになるには

人間関係にも断捨離はあります。

投稿日:

photo by John Flannery

自分の気持ちを大事にすることが苦手な人がいます。

欲しいものを我慢したり、要望を口に出すことを「恥」と考えてしまうなどです。

 

自分の気持ちをないがしろにすると、子どもの気持ちをないがしろにしがちです。

 

過去に気持ちをないがしろにされた経験があるなら、誰かに話すことや、今を充実させることです。

辛い気持ちから離れる、ということです。

 

あなたをないがしろにする人が周りにいるなら。

人間関係にも断捨離は必要になってきます。

 

「縁を切る」というのは、抵抗感があります。

 

優先順位をつけてみてください。

道徳を最初に唱えた偉人も「自分を押し殺しなさい」とはいっていません。

 

恋愛や結婚、子育てなどはチャンスでもあります。

自分の気持ちを大切にするきっかけを得られるからです。

 

自分の気持ちを大事にしている人、されている人は「気持ちって大事だよね」と思えるのです。

優しくなったり、夢を追いかける人は自分の気持ちが見えている人です。

 

どうでしょうか。

変われるチャンスです。

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.