ありのままの子育て

優しい子になってほしいならワガママに育てよう。

投稿日:

若干釣りみたいなタイトルすみません。

でも嘘ではないのです。

 

受け身で優しい子にはなれないんですよ。

ワガママは主体性で、主体性がない優しさは満足感がないものです。我慢に近いですね。

 

私自身もそうでしたが、中学生くらいまで「俺の優しさニセモノじゃない??」と迷っていたものでした。

「俺、偽善者だな」と思っていたものです。受け身でやってたり、なんとなくでやってたからです。

お恥ずかしながら、当時いじめに近いものがクラス内でありましたが、大した問題意識を持たずに過ごしていました。

 

そんな私も高校、大学と「俺はこうする」と主体性が出てきまして。

「あ、偽善者じゃないかも」と思えたものです。

 

自分から優しくしないと優しさの喜びはないですよね。

「優しくしなさい!」と怒鳴られてやるならそれは服従であり、仕事であり、作業です。

 

優しさとはもっとキラキラしたものです。

光るのは心からやる優しさです。子どもの優しさがピッカピカなのは心からやるからです

 

大人の優しさが胡散臭いのは、世間体や義務や打算でやるからです(笑)

 

喜びも違うんですよ。

我慢させてばかりだと優しさに喜びはないんです。

主体的に生きてこそ、優しさは喜びになります。

 

ワガママと優しさは両立します。

究極なのは「あなたの笑顔が見たいからやっているだけだ!」と思えることですね。

そこまでいけば神のレベルですが。

 

100のワガママを言っても120優しいことやっていれば世の中渡っていけます。

自分から優しくする子になってほしいですよね。

 

自主性を尊重することはいいことなんですよ。

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.