いじめをなくそう

いじめる子を減らす、なくすために。正邪でなく、友達づくりの問題に置き換える。

更新日:

子どもたちは「友達がほしい」と願っています。

でも「友達の作り方」が分かっていないんです。誰も教えてくれないから。

 

「強くないとダメだ」「みんなと同じじゃないとダメ」

そんなことを教えてくる大人が多い。

 

「弱いとダメなんだ」「みんなと違うのは悪い子なんだ」

強く思われたいから、攻撃しよう。誰かを否定して自分の正しさを証明しよう。

みんなと違うことをする相手が悪い。劣っている相手が悪いんだ。

 

そんな気持ちでいる子どもたちに「いじめ絶対許さない」と標語をかかげる先生たち。

心に刺さらないんです。「だって悪いのは相手だから」「先生や大人が『みんなと同じじゃないとダメ』って怒るから」

 

いじめは悪だからやっちゃいけないんじゃないんです。

いじめる子は最後に孤独になるからやってはいけないんです。

 

あなたはどうしたいのか

大人になるとタバコを吸って良いことになっています。

タバコを吸うのはちょっと不良でカッコいい。気分も良くなるので吸い続けます。

 

でも年齢を重ねるにつれやめる大人が多いのはなぜでしょうか。

それは「今は楽しいけど、将来をみたら良くない」からです。

 

タバコもいじめも同じなんです。

今だけ見れば、カッコよくみえ、仲間とつながれる。

 

でも、そのつながりは学校にいる間だけです。

いじめでつながると「次は自分じゃないか」「弱みをみせられない」など心を開けない。

 

ずっと誰か弱い子を探し続けるのでしょうか。

自分が弱い立場になれば、孤独になるのではないですか。

 

優しい人は優しい人が好きです。正直な人は正直な人が好きです。

どんな友達がほしいのか。卒業しても会えるような、弱音をみせられる友達がほしくないのか。

 

自分のことを心配してくれる友達がほしいなら、自分が誰かを心配する人間になることです。

誰かに弱音を見せたいなら、弱点を攻撃しない人間になることです。

 

自分のやっていることは必ず自分に跳ね返ってきます。

悪の大王ほど孤独になります。

弱者を助けるヒーローは傷を負うけど自分を助けてくれる仲間もいます。

 

弱い人を攻撃しないのがヒーローの条件です。

攻撃したら悪の大王になってしまいます。楽しいかもしれないけど孤独になる落とし穴です。

 

正邪でなく友達をつくるため

優しい人には優しい友達が出来る。

攻撃する人には攻撃する友達が出来る。

 

自分はどんな友達がほしいのか。その理想像に自分がなればいい。

優しさや正直さは良い友達をつくるためにあります。

相手を助けることは、優しい自分になるためです。

 

好きと思い出でつながるのが長く続く友達づくりのコツ。

一生涯の友人をつくるのは学生時代が最適。誰かをいじめている場合ではないのです。

 

強さや成績や力で友達は出来ません。

優しさや誠実さ、平等の意識と思い出が友達を作ります。

助けることは我慢でなく、友達づくりのための努力です。

 

 

「いじめは悪だ」と裁くから、子どもは弁論で跳ね返してきます。

いじめは正邪の問題でなく「あなたのためにならない」という友達づくりの問題です。

 

 

 

子どもたちの未来を築こう。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業と相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して子どもたちの心の問題を解決していきたいのです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

 

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。本当はどうすればいいのか。

 

答えはルールとの付き合い方にあります。

学校のルール尊重は当然ですが、個人の心の想いも当然尊重すべきものです。

 

「日々に生き甲斐を感じてほしい」

「子どもの頃の笑顔や気持ちを持ち続けてほしい」

「親子の絆を深めたい」

「子どもたちのために明るい未来を作ってあげたい」

 

そう願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

子どもたちではなく私たち大人が変わりましょう。最初に変わるべきは大人です。

このサイト夢へのenzin(エンジン)は子どもたちの未来を明るくするための礎です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-いじめをなくそう
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.