やさしいお母さんになるには

親子の関係を良くしたいときは子どもの心を見ること。

更新日:

photo by Peter Darch

お子さんとの関係がうまくいってないとき「相手には心があるんだ」と思うことが肝要です。

 

「大人になれば分かるはずだ」

「いつか感謝するだろう」

そういって強引に物事を決めることが時としてあります。

 

ただ自分のことは自分で決めるのが本来です。

それがどれだけ大人からみれば非効率的で間違っていたとしてもです。

 

例えば学校では「頭髪検査」「良い学校へいけ」「みんなと同じようにしよう」などで強引な指導があります。

反発あっても、強引な指導を正当化させる理由は「いつか分かるはずだ」という論理でしょう。

 

この場合、感謝されることは9割方ありません。

それは先生は生徒の心の中を観ていないからです。

 

「見た目が良くなった」「高い偏差値の学校や就職をした」「みんなと同じ正しいことが出来ている」

どれだけ外見が整っても、喜ぶことはないんです。

 

「親は良かれと思っているのに子どもは感謝していない」というのも同じ。外見を整えて心の内が見えていないときに起ります。

例えばテストで100点取っても、勉強させられての100点だったら褒められても嬉しくないのです。

自分で「100点取るんだ」と決めて取れた100点が嬉しい。

 

ストレートに言います。

「強引にやってもいい。いつかは感謝するはずだ」

この考えは傲慢です。

「私は全て分かっている。正しいのは自分なんだ」という驕りです。

親でも先生もで「この子の幸せは何なのか」は分かりません。

 

「貧乏でいいから自分は音楽家になりたい」と本人が言うのなら、それがその子の幸せです。

その気持ちを尊重することで心は輝きます。

尊重してくれたから「ありがとう」と感謝が湧きます。

「親孝行しなくちゃな」という想いが湧くのはそんなときです。

 

「強引にやってもいい。いつかは感謝するはずだ」

「私は全て分かっている。正しいのは自分なんだ」

 

こういった考えはお互いを不幸にします。

折角、親子になれたんです。

傷つけ合う関係は終わりにして喜びを共有する関係を目指してもらえればと思います。

 

当たり前が分かる授業

私は元学校の教員です。

学校は常識を教える場所。ただ当たり前が忘れられています。

 

私は以下を軸に先生をしていました。

なるべく無条件にありのまま。

人は想いで生きている

あなたの人生はあなたが決めなさい

 

原点に帰ることで劇的に変わっていく子どもたちがいる。

それくらいに原点、基本が忘れられています。

 

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業を行っております。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※個別相談を承ります。(別途費用)

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

 

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

もう一度、人を子どもを、教育を再定義しましょう。原点に帰ることが必要です。

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

サロン案内はこちらから

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.