ありのままの子育て

中学生で忘れる?家庭で教える友達づくりの基本。

更新日:

photo by Vilmos Vincze

友達作りの基本は平等意識です。「威張っててはダメ」ということ。

「話し上手」「趣味」「目立つこと」「強さ」などは全てどうでもいいことです。

 

「人に上下はない」

知ってたはずのことを忘れてしまいます。中学生あたりで忘れるので家で思い出させてあげてください。

 

嫌われるのはなぜ?

「私は先生だ」と本気で思う先生は嫌われます。「普通のおじさんじゃん」が真実です。

「人に上下はない」を忘れる先生ほどに生徒からは嫌わます。

先生と言えど偉そうにしてたり、約束破ったりすると嫌われるんです。そんな先生には二度と会いたくないですよね。

 

子ども同士でも同じです。

 

「俺は〇〇様だ!」「私はクラスのNo.1よ!」なんて考えてたら嫌われます。

つながっているのは「同じクラスだから」という理由だけ。卒業したらサヨナラです。

 

威張っている先生が見本です。

ああなっちゃダメなんですよ。「人に上下はない」と思うことが長続きする親友の大前提です。

 

世間の風潮をそのまま信じると「人に上下はある」と勘違いします。

 

お金持ちと貧乏人では、お金持ちの方が上だと思ってしまいます。

健常者と障害者では健常者が上だと勘違いしている人が多すぎる。

モテる・結婚してたら上、モテないのは下。

勝ち組、負け組。

 

全部嘘です。

だって人に上下はないから。

悩みは「上下はある」と勘違いすることから始まるからです。

 

他人の上下を意識すると自分にも上下をあてはめてしまいます。

 

「自分は下級だ。価値がない」

「あの子は上等だ」

そんな考えも幻です。上下はないのです。

 

「人に上下はない」という平等意識が自分を救い、相手も救います。

生涯に渡る親友が出来ます。良い上司にもなれます。

嫌われる上司とは「俺は上司だ」と本気で信じてる人です。

あとモテモテ・・にもなるかもしれません。

 

世の中の情報が「人に上下はある」と錯覚させてしまうんです。

 

「話し上手」や「趣味が合う」など問題ではない。大前提に「人に上下はない」です。

忘れるほどに嫌われます。信じるほどに好かれます。

 

覚えておきましょう。人間関係の基礎基本です。

 

 

子どもたちの未来を照らす。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業と相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私は元学校教員です。

このブログ・サロンを通して子どもたちの心の問題を解決していきます。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

答えはルールとの付き合い方にあります。

学校のルール尊重は当然ですが、個人の心の想いも当然尊重すべきものです。

 

「日々に生き甲斐を感じてほしい」

「子どもの頃の笑顔や気持ちを持ち続けてほしい」

「親子の絆を深めたい」

「子どもたちのために明るい未来を作ってあげたい」

 

そう願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、全てが変わります。

 

夢へのenzin(エンジン)のブログ・サロンは子どもたちの未来を明るく照らための集まりです。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.