ありのままの子育て

夢や親友をつくる。学校教育に足りないものを補う家庭の役割。

更新日:

photo by Christian Stefanescu

学校に足りないモノはぜひ家庭で補ってください。

学校の役割と家庭の役割を意識することで、良い循環が生まれます。

結果、お子さんは前向きになっていきます。精神的な自立や不登校の予防、進学や就職にも繋がっていきます。

 

学校に足りてないものは何か。

それは子どもの想いを汲むことです。

 

想いを汲まずに教えるとどうなるのか?

それは形だけ、学校にいる間だけの教育になります。

 

私たちが子どもの頃も制服や生活態度などで評価されていましたよね。

自分の想いを汲んでくれる先生は少数だったはず。学校とはそういうものなんです。

この流れはほぼ確実に変わりません。逆流することなく流れていきます。

 

 

「人には心がある」

この当たり前過ぎる事実を多くの人が忘れていませんか。

 

心があるから人間です。

人と機械の違いは心の有無です。

子どもが思い通り育たないのも心があるからです。

 

「心が成長の邪魔をしてる」のではないんです。

心へアプローチするしか成長はないんです。

 

自主的に考える、自分の個性を発揮するに学校は不向きです。

学校とは平均化、均質化を目指す場所。みんなで同じ価値観を共有する場所です。

 

例えば学校があるから私たちは共有出来るものを持っています。

国語、算数やマナーや生活態度などは日本全国共通です。初対面で話しても運動会や友達関係、先生のエピソードなどをみんな持っているもの。

学校は必要です。

 

ただ学校は平均化がモットーなので「私はこう思う」といった個人の資質が伸びない。

 

「みんなと同じことをしながら個性を育みなさい」は事実上あり得ない話です。

周りを意識したら個性は出せません。

 

学校は均質化を止めることは出来ないですし、する必要もないでしょう。

 

今、必要なのは学校との付き合い方です。

 

均質化を求める学校で我が子が夢や目標を見つけるには?

先生の考えが分からない。話しても埒があかない。

不登校やいじめを防ぐにはどうすればいいのか。

形だけの教育にならないよう心にアプローチするための方法は?

 

これら問題に学校は応えられているとは僭越ながら思えません。

 

ポイントを一言で言えば「人は想いで生きている」という感覚です。

想いを満たすために生きていますし、想いをなくすと全てがムダになります。

 

「常識通りにやるべきだ」

「人間には正解がある」

 

多くの人がそんな勘違いをしています。

常識よりも当たり前のことが大事です。それが心から湧く想いです。

 

「私たちは何のために生きているのか」

こんな当たり前を真剣に考え直す時期に来ているのでしょう。

 

人は想いで生きています。

学校では個人の想いより常識を学びます。なら家庭は想いを育みます。

 

このバランスを取りながら通えれば不登校を防ぎ、夢や目標や心許せる仲間が見つかっていきます。

 

 

学校を補う授業

私は元学校の教員です。

学校に「足りないものを補う」これが私の役割だと思っています。

 

学校が悪いとは思いません。ただ私は反対方向で先生をしていました。

なるべく無条件にありのまま。

人は想いで生きている

あなたの人生はあなたが決めなさい

 

そういったことを心がけていました。その中で劇的に変わっていく子どもたちがいる。

それら結果とノウハウをお伝えします。

 

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

「優しいお母さんになる方法」と銘打って毎週、動画配信による授業を行っております。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※割引価格にて提供いたしております

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「子どもを輝かせる教育」を提唱しています。

 

「もっと相手を喜ばせたい」

「側にいれるだけで幸せ」

「子どもと心の繋がりを感じる」

 

そんな瞬間をご提供するのが目的です。

 

子どもを輝くのは点数や外観を良くするなどではありません。

心を輝かすことが本来の輝きです。

 

今、多くの人が「輝き」を誤解しています。ゆえに人間関係に悩み、もどかしい想いを抱えながら生きています。

学校には足りてないものがある。それが「人は心である」という概念です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

サロン案内はこちらから

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.