ありのままの子育て

冷める褒め方と自信を深める褒め方。長所と愛情を知りたい。

更新日:

photo by Camera Eye Photography

子どもたちは「自分の長所」「熱い想い」を褒めてほしいんですよ。

 

野球が大好きな子は野球で頑張っている姿を褒められるのが一番嬉しい。

 

野球大好きだけど、親は勉強頑張ってほしいと思っている。

テストで100点取った。親は大喜びで褒めてくれた。

 

・・・全然嬉しくない。

褒めているようで「これからも勉強頑張りなさい」っていう命令だから。

自分のことを褒めてくれているような気がしないんです。寂しくなってしまう。

 

褒めるときに「こうなってほしい」っていう大人の思惑を感じたら気持ちは冷めます。

「自分のことを見てないんだな」

「お父さんやお母さんの願いを叶えるために自分はいるんじゃない」

そんな気分になっていきます。

 

「褒めると自信がつきます」とよくいうけど、思惑の上での褒め言葉は全部フェイクです。

 

心に響く褒め方

思惑でない褒め方で自信は深まります。

 

何もこだわらず、純粋に。「ありのままでいい」と思う。

子どもの好きなこと、得意なことを褒める。

 

褒めるのは大人の願いを叶えるためにあるのではなく、相手を喜ばせるためにあります。

子どもたちは自分の長所と嬉しい気持ちを共有してほしいんです。

「あなたの良いとこはここだよ」という長所を大人に教えてほしい。

 

「ありのままでいい」と思えば、褒め言葉が変わります。

「やったね」「良かったね」「さすが!」など。イントネーションも同時に変わります。

 

学校をイメージすれば分かりやすいです。

「ノルマを達成出来たら褒める」で自信は深まりません。

自信とは自分の長所を知ることです。「褒めて伸ばそう」とは長所を教えてあげるということです。

 

みんな自分の長所と気持ちを共有してほしいんです。

学校でも家庭でも、職場でも。フェイクの褒め方が多くないですか。

 

思惑を捨てて相手に喜んでもらう。

そんな褒め方で人間関係はもっと良くなります。

子どもたちは自信を深め「僕を(私を)見てくれているんだ」と感じる。

お母さんやお父さんのことが大好きになります。ぜひ。

 

 

子どもと親をつなぐ。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロン」とは「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信と個別相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは子育てを一から定義していきます。

当たり前だったことが分からなくなり、子どもと親・大人がバラバラです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、子どもたちも変わります。

夢へのenzinは子どもと大人の心をつなぐ架け橋です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.