先生とのトラブル

進路や修学旅行など。特別支援学校で先生と話すときのコツ。

投稿日:

『君の夢はなんだ?』

と聞いてくれる先生はほぼいません。

 

なので先生との話し合いの際は自分の気持ちを言うことをためらわないでください。

「相手に悪いかな」「これってワガママかも?」と悩むかもしれません。

 

話し合いは理屈のぶつけ合いになりますよね。

多くの場合、先生側の言うことがもっともに聞こえてきます。

 

その場は納得しても家に帰ったら「あれ?なんか変だ」と違和感を感じるはず。

それは相手の理屈に自分を無理矢理に納得させたからです。

 

進路や修学旅行などはやり直しがきかないもの。

 

後悔しないように「どうしたいのか」をハッキリ決めておきましょう。

 

「私はどうしたいのか?」

「この子はどうしたいのか?」

「今日は何のために話し合いに来たのか?」

 

この3つを先に考えておいてください。

紙に書いておくなども有効です。

 

私は先生してたから分かりますが、理屈なんていくらでも変えられます。

先生の都合の良いようにも、保護者の都合の良いようにも作り替えることは可能です。

朝三暮四みたいな理屈がひっくり返る現場を何度も見てきましたから。

 

だから。

 

「自分はどうしたいのか」をハッキリさせておいてください。

強く願えば願うほど、その願望に合わせて理屈が出てきます。

 

「先生に負担かな??」と悩むかもしれません。

 

大丈夫です。

先生は給料もらってます。えげつけないクレーマーにも慣れてます。

ていうかあなたはクレーマーではありません。クレーマーは「負担かな??」とは露ほどにも思わないから。

先生は責任問題になるのを恐れます。ですがあなたはいちゃもんつけて責任追わせる人でもないでしょう?

 

この記事読んでいる時点であなたは相手の気持ちを慮る人です。

なので安心してください。

 

「私はどうしたいのか?」

「この子はどうしたいのか?」

「今日は何のために話し合いに来たのか?」

 

この3つを強く、強く、強く思いましょう。

 

断言出来ますが先生は基本は悪い人じゃないんですよ。

たまーに変な先生もいます。その先生だけ見たら「職員室は変人の巣窟」みたいに思えてきます。

 

ですが実際は違います。

先生はどこにでもいる人の良いおじさん、おばさん、兄ちゃん、姉ちゃんです。

 

ただ自分たちの職務に忠実過ぎて、色々見失っているだけです。

それで融通きかないように見えたり、意地悪に感じるだけ。

学校離れたら仲良くなれますよ。

 

だから要望通ったり、無理してもらったら「ありがとうございます」とお礼を言ってあげてください。

その一言で全てが報われます。そういう感性を先生の多くは持っています。

 

幸い、卒業式や3月の年度末などお礼を言える機会はありますよね。

そのときに目一杯の表現で気持ちを表してください。本当に救われる、苦労が報われた気持ちになれますから。

 

先生だけ満足してお子さんは不満なのは本当のゴールじゃありません。

お子さんやお母さんの夢が叶い、先生も救われるのが最高のゴールです。

 

言いたい事言って、ちゃんとお礼しましょう。

 

本当にそれでOKです。

夢叶うこと強く、強くお祈りしております。

 

子どもを輝かせる方法

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

 

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

「優しいお母さんになる方法」と銘打って毎週、動画配信による授業を行っております。

サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※割引価格にて提供いたしております

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「子どもを輝かせる教育」を提唱しています。

 

想像してみてください。

「もっと相手を喜ばせたい」

「側にいれるだけで幸せ」

「子どもと心の繋がりを感じる」

 

そう思えるようになったご自身を。

この世で最も幸せな親とは子どもを輝かせた親です。親孝行とは子どもを輝かせたお礼です。

 

私は元学校の教員です。

学校の愛には条件がついています。「これが出来ないとダメ」という条件があるのです。

その中で私は反対方向で教えていました。

 

なるべく無条件にありのまま。

人は心だ。

あなたの人生はあなたが決めなさい

 

そういったことを心がけていました。すると子どもたちはどうなったのか。

それら結果とノウハウをお伝えするのが私の役割だと思っています。

 

心を輝かせてください。「そうだったんだ」と人生観が変わるほどの衝撃があります。

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

サロン案内はこちらから

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-先生とのトラブル
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.