学校で役立つ知恵

いじめ、不登校、友達とのトラブル。先生は反対するけど転校も悪くない。

更新日:

photo by World Bank Photo Collection

先生も人間です。

立場、経歴、思い込みなどから指導しているものです。

 

平たく言えば先生も間違えるということ。

 

私も以前は先生をしていて、過去に何度も失敗しています。

完璧な先生はいません。

 

「いじめを受けている」「不登校になった」「合わない友人がいる」

転校を考える場合あると思います。

 

どうでしょうか。

先生に相談したら「もう少し頑張ってみては?」「いいとこ探ししよう」など我慢を求められることあるはずです。

 

確かに転校して環境を変えるのも怖いです。

 

転校してもトラブルに見舞われるかもしれない。でも転校すれば変わるかもしれない。

理屈で考えても分からないんです。

 

最も尊重すべきは本人の気持ちです。

 

先生に多い誤解で「良い行動をとっていたら良い心になる」と思っています。

伝統的に学校はそうなっていますね。

 

ただ実際は逆です。

 

「良い心になると良い行動がとれる」です。

まず心を整えることから。心の変化に応じて行動も変わります。

 

「この学校では心が乱れる一方だ」

そう感じるのではあれば転校は正解です。

 

どうしても合わないクラスメイト、先生、環境は存在します。

ブラック企業がこの世に存在するように、”ブラックな学校”も絶対存在します。

 

心が良くなると行動が良くなります。

どうすれば心が前向きに、明るくなるでしょうか。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-学校で役立つ知恵

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.