ありのままの子育て

いるモノ、要らないモノ。特別支援学校卒業した青年の成長の理由。

投稿日:

photo by Youth for a United World

先日、特別支援学校で先生してたときの卒業生に偶然出会いました。

彼は20代前半。近況を聞くと「祖母が入院し亡くなり多忙だった」とのこと。

 

彼にとって近親者が亡くなるのは初めての経験だったそうです。

看取りから葬儀まで目の当たりにして「意識が変わった」とのことでした。

 

「親ともっと仲良くしようと思った」

「今度親子で旅行に行こうと誘った」

「祖母はそんなことを思えるきっかけをくれたんだと思う」

「自分と同じことを家族も思っていた。繋がりが深まった気がする」

 

そう話していました。

 

私は彼を特別支援学校へ通っていた時代から知っています。

 

彼がこんな成長を遂げた理由を一つにまとめると「心が満たされていたから」です。

彼は意志を尊重され、繋がりを感じながら育っていきました。

 

成長含め、生きるに必要なのは心が満たされることです。

それ以外のものはあると便利なのものに過ぎません。

 

例えば地位やお金や能力などは「あると便利なもの」です。

本当の鍵を握るのは心が満足しているか、です。

 

ただ私たちは「あると便利なもの」に強く意識が向きます。

お金や能力などは見えて聞こえるからです。

 

それでも成長の鍵は見えない心にあります。

 

「あると便利なものを手に入れるために、心を犠牲にしている」

実は誰にでもある話です。

 

意識を目や耳や頭ではなく、心に向けてください。

 

この子に足りないものは何なのか?

能力なのか、心満たされることなのか。

 

見えない心を見ること、聞こえない心の声を聞く事が成長の鍵です。

 

 

・・・というわけで、彼とは「今度飲みに行こうぜ」と約束して分かれました。

彼、下戸なんですけどね。

 

みなさんも根詰めず、たまには息抜きしましょうね。

決めるのは能力じゃなくて心ですから。

 

支援学級や支援学校で成長する鍵は見えない心に注目することです。

我慢より心躍る日々を積み重ねてください。

DSC_0300

というわけで、今日はわらび餅ソフトに心躍ってきました。

「わらび餅+ソフト」が意外とイケることを発見。明日もがんばれそう。

 

 

子どもを輝かせる方法

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

 

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

「優しいお母さんになる方法」と銘打って毎週、動画配信による授業を行っております。

授業を通して以下のような感想をいただいております。

 

「今までの思い込みが解けて気持ちが楽になった」

「子どもをより愛おしく思えるようになりました」

「子どもの夢を応援したいです」

「学校での悩みや先生との話合いで物怖じせず言えるようになりました」

 

目指すは「自分も相手も幸せになること」です。お互い楽しい時間が本当の楽しい時間。

「自分だけよければいい」という発想の方は当サロンには向いていないかもしれません。

 

サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※割引価格にて提供いたしております

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「相手を輝かせる教育」を提唱しています。

人を良くするのは心です。

 

心が良くなるから、行動も良くなります。逆はありません。

世の中に多くある「正解通りに行動すればいい」という教育とは逆を行きます。

 

心を見ない教育はメッキです。メッキは次第に剥がれていきます。

「心が全てを決めている」

 

私はこれで日本の教育に一石を投じます。

「子どもの心を輝かせたい」と願う方はぜひご参加を。

サロンの案内は下のボタンからどうぞ。

動画配信・相談はこちらから

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.