ありのままの子育て

みんなが忘れているもの。学校に通う子どもたちには必要なのは規則か夢か。

更新日:

photo by Lauren Hammond

今の子どもたちに必要なのは夢です。

学力でも規則でもない。自身の夢と世の中に対する希望が足りていません。

 

「そうだよね、夢って大切だよね」という付属品のように捉えているか、必需品と捉えているか。

その意識の差が大きな結果の差を生みます。

 

学校教育とは規則や能力重視です。

私は以前は先生でしたが、規則や能力重視とは逆の方向で教えていました。

 

規則の反対は夢です。

周りではなく自分は何を感じているのか、どうありたいのかという想い。

正邪も関係ない、何の利益にもならない想いです。

 

私が先生をしてきての事実をお話します。

 

「産まれてきたくなかった」とお母さんに言っていた子がそれを言わなくなりました。

「死にたい」とつぶやいた子が目標を語り出しました。

 

こうなった原因は彼らの中に夢が出来たから。

学校という場所は、規則を教えます。ゆえに反対にある「個人の想い=夢」の価値は低い。

 

学校の先生は保護者の方に「何よりも夢が大切なんです」とは言わないでしょう。

だから私が言います。

 

子どもたちにはまず夢が必要です。

昔と今の違いは夢がもてなくなったんです。その代わりに規則が増え、同調圧力が強まりました。

就業時間とかナンカト教育といった小手先の方法論ではなく、問題は根っこにあります。

 

個人の想い、夢は人生の付属品ではない。夢が必需品であり、付属品は規則や能力です。

昔はそれがなんとなくでも分かっている人が多かった。

やがて必需品と付属品が入れ替わる。

今は入れ替わっていることに気づかない「それが当然だ」となっている気がしてなりません。

 

学校は個人の想いや夢を育むには適していません。それは私が身をもって経験しました。

 

規則や同調は学校で必ず学びます。

家庭は対極でいい。

どこまで見えない、聞こえない子どもの想いと夢に注目し耳を澄ませられるか。

 

「夢なんて馬鹿げている」

「お金にも名誉にもならない」

夢とはそういうもの。お金も賞賛もないんです。

 

「それでも自分はこれが好きなんだ」

そう思えるから夢です。

 

価値がないとされやすい想いと夢に、実は最高の価値があります。

個人の想い、夢をどうか育んでください。

 

 

学校教育を補う授業

私は元学校の教員です。

学校に足りないものを補う、これが私の役割だと思っています。

学校が悪いとは思いません。ただ私は反対方向で先生をしていました。

 

なるべく無条件にありのまま。

人は想いで生きている

あなたの人生はあなたが決めなさい

 

そういったことを心がけていました。その中で劇的に変わっていく子どもたちがいる。

それら結果とノウハウをお伝えします。

 

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

「優しいお母さんになる方法」と銘打って毎週、動画配信による授業を行っております。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※割引価格にて提供いたしております

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「子どもを輝かせる教育」を提唱しています。

「もっと相手を喜ばせたい」

「側にいれるだけで幸せ」

「子どもと心の繋がりを感じる」

そんな瞬間をご提供するのが目的です。

学校には足りてないものがある。それが「人は心である」という概念です。

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

サロン案内はこちらから

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.