やさしいお母さんになるには

"毒親”からの克服。簡単に始められる2つの方法。

更新日:

「毒親」「毒になる親」とは子どもを支配したり、悪影響を与えてしまう親のことを言います。

 

「毒になる親」の影響を受けた子は気持ちを抑え込んだり、我慢を日常化したりします。

感覚が鈍り生活や人生に支障をきたしている状態です。

 

怖いのは「感覚が鈍っている」ことに本人すら気付いていません。

 

「火を触っているのに熱いと感じない。触り続ける」

不思議に思われるかもしれませんが、そんな状態です。

 

毒親から抜け出す方法

みんな風邪にかかり、治るのも同じで、誰しもが「毒になる親」となる可能性があり、治せると私は思っています。

 

一つは離れることです。

「”毒親”の影響を受けているかもしれない」と感じるなら、肉親であっても距離をとってください。

 

影響とは知らずのうちに受けているものです。

 

外国に行くことで日本の姿が分かるのは、日本から離れるからです。

旅行から帰ると「家がいいな」と感じるのは、家から離れたから。

テスト勉強から解放されると、勉強の息苦しさが理解できます。

 

「辛い」と感じるのはサインです。

影響を受けているものから離れてみてください。長く、遠く離れるほどに自分がどれだけ影響を受けていたか分かります。

心が軽くなったり、前向きになれば、それだけ環境が合っていなかったということです。

 

思いっきり遊ぶ。自分を褒める

「私はダメな人間なんだ」「遊ぶことに抵抗がある」「我慢は正しい」

そんな感覚がご自身におありなら「遊ぶ」「自分を褒める」ことが苦手だったりしませんか。

 

信じていただきたいのですが人間に違いはありません。

場面ごとに得手不得手、優劣はあります。

 

イチロー選手は野球においては天才です。

でも家事は苦手だったり、事務作業は並み以下かもしれません。

 

お金持ちがみんな幸せというのは幻想で、障害のある人が不幸に思えるのは思い込みです。

福沢諭吉やお釈迦様の「天は人の上に人をつくらず 人の下に人はつくらず」は本当です。

 

「人は同じだ」に違和感を感じますでしょうか。

親から比べられる経験が多いと「人は同じだ」を信じられなくなります。

 

そもそもが比べるとは人に向けて使うものではありません。比べるのはモノに使います。

刃物と同じです。「比べる」を人に向けると不幸しか生みません。

 

知ることから始まる

新入社員が最初に受けた教育は、入社後も影響を受けます。

子ども時代に受けた教育に、人は強く影響されます。

 

目安は「今の自分が辛くないか?」です。

 

サイズの合わない服を着替えるように、自分を不幸にする考えは着替えることが出来ます。

 

着替えるには、まずはどんな考えがあるのかを知ることです。

合いそうなものは取り入れる。合わないものは捨てていく。

分からないなら相談する。

 

そんな作業の繰り返しで自分に合うものが分かっていきます。

まずは「離れること」「比べない」をやってみてください。

 

「悪影響なんじゃないかな」と思えるものから離れてみてください。

「比べるを人に向けるのは禁止。悩みは比べることから始まる」

 

この二つをしばらくやってみて、変化を感じたなら一歩目を踏み出しています。

 

「毒になる親」の影響から抜け出すことは出来ます。

私はそれを生業としています。喜んでお手伝いいたします。

 

 

親と子をつなぐ。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロン」とは「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信と個別相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは子育てを一から定義していきます。

当たり前だったことが分からなくなり、子どもと親・大人がバラバラです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、子どもたちも変わります。

夢へのenzinは子どもと大人の心をつなぐ架け橋です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-,

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.