ありのままの子育て

過保護をやめたい。自分の”心の家”を知ること。

投稿日:

photo by cbascaran

過保護とは相手の領域に入り込み過ぎることです。

 

過保護は相手の家に入るのと似ています。

私たちが他人の家に入らないのは自分と他人との境界線が分かっているからです。

「佐藤さん」「鈴木さん」「山田さん」と表札が掲げられ、玄関も別れている。だから間違えない。

 

ただ親と子の領域は目には見えません。心の内で分かれているもの。

誰でも心の中には”自分の家”があります。「ここまではOKだけどここからはNG」という家です。

 

子どもも家を建てています。

成長するにつれ「ここまではOKだけどここからはNG」という"自分の家"を建築中です。

 

子どもの家に入り込んでしまうのは、親子の境界線が分からないからです。

 

まずお母さん自身の”家”を知ることです。子どもの家は建設中なので分かりにくい。

 

「好き」「イヤ」「こうしたい」とご自身の心に素直になれていますか?

我慢すること、相手に尽くすこと、自分を出さないことを美徳としていませんか?

 

最初に”自分の家”の形をはっきりさせるのがコツです。

すると”相手の家”も見えてきます。

「ここは本人に任せておこう」「ここは私の出番だ」という感覚です。

 

過保護をやめるのは自分自身を知り、自分に優しくなることです。

 

「自分が分からない・・・」とおっしゃるなら、これから知っていきましょう。

このサイトは”自分を知るヒント”として作っています。

 

答えは本の中にも、先生の言葉にもありません。

 

宝物はいつも自分の中にあります。

 

 

意識を心に向ける授業

このブログ夢へのenzinでは動画配信・メール相談も承っています。

 

動画配信ではクイズ形式や実際例を通して、授業をしています。

頭の中にある常識が実は曖昧であること、そして意識を心に向けてもらう授業です。

 

メール相談は私との1対1のやり取りです。

家庭、職場、子育ての悩みなどのご相談承ります。

 

動画配信は初月無料となっています。気に入らなければその月に解約していただいて構いません。

動画配信・メール相談の案内は下のボタンからどうぞ。

動画配信・相談はこちらから

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.