ありのままの子育て

今日の気持ちに雨が降っているのなら

更新日:

photo by John Fraissinet

昔のお百姓さんは雨の日は家で内職をしていました。

 

もちろん今の時代でもそれは同じ。どれだけ技術が進んでも雨の日にわざわざ畑仕事する人はいません。

そりゃ台風など場合によっては、無理して外へ出る日もあるでしょう。

 

でも基本は雨が降ったら家の中です。それが自然の営みというもの。

 

子育てや人生も同様です。

不自然なことはやめておきましょうね。

 

心にも晴れの日と雨の日が確実に、誰にでもあって。

お子さんの心に雨が降ったり、お母さんの心に雨が降ったり。

 

そんな日は頑張るのをやめて休憩です。別のことをやりましょう。

 

雨の日にわざわざ外へ出ようとしていませんか?

今、自分に雨が降っていることを認識してますか?

 

降ってないフリしちゃダメですよ。人はそれが出来てしまいます。

 

天気の雨にも、心の雨にもちゃんと意味はあります。

 

心の雨は「ちょっと休め」ってことです。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

障害ある子どもたちは特別支援学校や支援学級にて勉強をします。 学ぶ内容は自立活動であり、教科学習、生 ...

-ありのままの子育て

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.