スポンサーリンク

 深い優しさを知る男。

先日、車椅子に乗る悟志君と東京旅をしてきました。

彼は滋賀県在住。一人暮らしをしています。

彼はお金に余裕あるわけではありません。

東京行きは節約を重ねての実現でした。

 

普段から食事、飲み物など100円単位で節約しているそうです。

「東京来るためにもやし多めの食生活やった(笑)」と話していました。

 

東京の帰りは夜行バスです。

「早めに駅ついてお土産みたい」と彼は言いました。

着けばお土産屋コーナーを何度も行き来します。

悟志君は自分へのお土産がほしいわけじゃないんです。

友人、日頃お世話になっている人など3人分、他人のために探しています。

 

私は好奇心に駆られて「何円のを買うんだろう?」と思ってみていました。

彼は安さで選んではいませんでした。相手の好みに合ったものを選んでいました。

 

もう一つ。

彼は間違って生クリームのお菓子を買ってしまいました。

シュークリーム好きの人のお土産に買ったのですが、生菓子と気づかなかったのです。

 

賞味期限は明日まで。渡す日は明後日。

買ってから気づいて、彼はそのお土産をどうしたか。

私にくれました。

お値段は1000円以上します。

「お世話になったので、食べてください」

彼はそう言って京都駅での別れの際にくれたのです。

 

感動で旅の疲れがふっとびました

 

彼の優しさには理由があります。

悟志君は複雑な家庭環境で育っています。

 

その中で多くの先生や支援員さんが彼を理屈なく助けていました。

詳細はここでは書けませんが、仕事だから、義務だからではなく純粋な親切だったようです。

 

悟志君は成人しました。

一人暮らしをして、ある程度自由に出来るお金を持ちました。

 

100円を節約する彼が1000円のお土産を買えるのは、そんな過去の経験からです。

彼はいつ、どこで優しくすべきかを知っています。

 

優しさには二種類あります。

浅い優しさと深い優しさです。

 

浅い優しさは表面は整っていますが、いざというときは冷たくなります。

深い優しさは普段いい加減でも、踏ん張り時で相手の心を掴みます。

 

悟志君は深い優しさの持ち主です。

授業や理屈で学んだのではなく、体験で学びました。

 

以前、彼と話してたら、こんなことを言っていました。

 

「色んな場面で、色んな人が浮かんでくる」

「こういう場面ではあの人の真似をしよう、と思い出す」

「僕は真似をしているんだ」

 

そう言っていました。

今回のお土産で言えば昔、悟志君を喜ばすためだけに親切にした人がいるのでしょう。

 

上から目線のような話になってしまいますが、浅い優しさの世界で留まっている人がいます。

学校の先生であっても浅い場合もあります。

 

優しさには深さがあることを意識してみてください。

最も人の心を掴むのは深さです。