スポンサーリンク

あるものはなにか。

最近、「ヤスさん、熱いですね」と言われるようになってきました。

原因はボッチャカフェバーのオープンが原因だと思います。

 

7月7日に障害者スポーツのボッチャとカフェバーをまさかの融合。

滋賀県は守山市でガチでカフェバーやります。

 

「過ぎ去ってからでないと気づけないものだなぁ」とカフェバーの準備していて思いました。

どんな物事でも最中では、今の自分が気づけません。

「終わってから気づくもの」

その仕組みは分かっているものの、やっぱり気づけない。

 

カフェバーの準備していて、自分が先生してて一番楽しかった時期の気持ちが蘇ってきました。

「そうそう、これこれ」と懐かしの味を噛みしめるように、「やったるでー!」と気持ちがふつふつと湧いてきます。

あの頃は周りから「熱いですね」と言われたものでした。

 

私はなぜこんなことやっているのか。

「一番楽しかった時期に戻りたいからだ」と今にして分かりました。

 

振り返れば、夢中だった時期は「この時間がずっと続けば良いのに」と思っていました。

無意識下で、こうなるように選んでいたのかもしれません。

 

 

「全てが親の言う通りの人生でした。私には何もないんです」

そうおっしゃる相談者の方々がいます。一人ではなく、複数おられます。

 

「今まで誰かのいいなりになってきた」

「青春を味わえなかったと思います」

「自分の人生なんてなかった」

相談者のみなさんは表現は違えど同じ想いでいらっしゃいます。

 

古いですが「YAH YAH YAH」という曲をご存知でしょうか。

歌詞中に「信じる言葉はないかい 僅かな力が沈まぬ限り 涙はいつも振り切れる」

とあります。幼いとき聞いた曲ですが、私はこの歌が好きです。

 

「失ったものを数えるな。今あるものを最大限に生かせ」

この言葉を私は信じています。

 

私に残っているものは沢山あります。

身体が動いてますし、人脈もあるし、手助けしてくれる仲間たちもいます。

やりたいことは沢山あります。最近、増えてきて困るくらい。

 

そう思うと「今の自分も捨てたもんじゃない」と思えてきます。

 

今あるものを数えると「これからはひと味違う人生が待っている」

そう思えてきます。

 

参考になれば幸いです。。