やさしいお母さんになるには

ついやってないですか?子どもとの仲を深める「心の宝物」の話。

更新日:

photo by amanda tipton

子どもの頃の宝物って今から思えばくだらないものでなかったですか。

私はプラモデルや自前のバズーカ砲が宝物でしたが、まぁ価値はないですね。

親に一気に捨てられましたが、勘弁してほしかったものです。

 

物質的な宝物もありますが、心の中にある宝物もあります。

夢だったり、単に好きだったり。その子が夢中になれるものです。

 

私は「自分だけの正解」だと名付けています。

 

小さい頃に宝物をガラガラと捨てられたように、自分だけの正解もガラガラと捨てられるものです。

年齢的には小学校高学年あたりから。

周りと自分とを比べ出す年齢から始まります。

「自分はクラスでどの辺りのポジションなんだろう?」と悩み出したら始まりです。

 

世の中と自分を比べちゃうんですよ。

「こんな考え恥ずかしい」「あっちの方がいいのか」など、自ら宝物を手放すんです。

 

私自身、捨てては拾い、また捨てては拾いを繰り返しました。

感謝しているのは、私の親は「捨てなさい」とは言ってこなかったんです。

「いいんじゃない。好きにすれば?」という態度。内心不安だったとは思っていますが。

 

自分にはくだらないものに思えても、本人にとってはかけがえのないものがあるんですよ。

子どもの頃は特にそうです。

 

自分だけの正解を意識していると、苦労も仕事も全部が「自分のためだ」と思えてくるんです。

超プラス思考の状態です。

 

不登校や挫折から立ち直る際の理由にもなります。

エネルギーの源のようなものですね。

 

「この子の今、大切にしているものってなんだろう?」

 

日常のふとした時間で構いません。思い出してみてください。

スポーツや遊びなどのジャンル、友達との関係など色々あるでしょう。

 

「くだらない」と感じるものが多いはずです。

自分だけの正解とは他人からみればそう思えるものです。

 

ただ否定はしないで、捨てる際は細心の注意で。

没頭している時間は決して無駄でなく、大人になってから「ありがとう」と深く感謝されます。

 

それだけ世の中に出れば「自分だけの正解」は見失うものです。

仕組み的にそうなってますね。

 

本人にとっても、親御さんにとっても結びつきを深めるものです。

「この子の今、大切にしているものってなんだろう?」と思い浮かべてみてください。

 

 

親と子をつなぐ新しい基準。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinでは「サロン」を開いています。

サロンとはネット上で集まるカルチャースクールです。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画配信(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは言えない話や読者さん同士の交流など)

・メルマガ発行(不定期発行)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは「この子が幸せになるためには?」をテーマに情報配信しています。

好きと思いやりを育むことで、子どもたちはもっと輝けます。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.