小学校か特別支援学校か

脳性麻痺の子が小学校を楽しむために。好きと思いやりの基準。

投稿日:

私は先生してましたが「ルールを守って出来ること増やそうね」が学校なんですよ。

「それって良いことなんじゃ??」と思うじゃないですか。

過ぎたるは及ばざるが如し。ルールや能力の向上もやり過ぎたらマイナスになるんです。

 

ルールは行き過ぎたら我慢です。

学校のルールって理不尽なものもあるんです。従うには我慢しなくちゃいけない。

 

「我慢は美徳」っていうのは先生目線の道徳観念ですよ。

生徒が我慢してくれたら先生は楽じゃないですか。それだけの意味です。

 

ルールよりも大事なものがあるんですよ。

思いやる心です。我慢で静かにするんじゃなくて、思いやる心で静かにするんです。

あまりにも怖い先生だと先に恐怖心がきちゃうので、我慢でルールを守ります。

これがよろしくないのです。

 

脳性麻痺のお子さんの場合、先生と密着することが多いでしょう。

反抗するのも難しいかもしれません。尚更「我慢しようね」って教えるべきじゃないんです。

 

「出来ることを増やす」っていうのもやり過ぎは微妙なんです。

私は数学や機械運動が大の苦手です。あがり症で人見知りです。

苦手はなかなか改善されないから苦手です。多少マシにはなりましたが、根本は苦手なままです。

 

私は自分のペースで苦手解消に取り組めましたら、これが他者主導だったら参ってしまいます。

「やりなさい。弱点だから」と言われたら言い返せない、ごもっともです。

でも気が滅入るのもごもっともじゃないですか。

 

人生は苦手な部分からは拓かれないですよね。

長所や得意な部分から拓かれています。

「学校は自分の長所や好き、得意を発見しにいく場所なんだ」が私の持論ですが、学校は真逆の姿勢です。

 

先生が自分を基準に子どもたちを教えるからダメなんでしょう。

私の友人に車椅子に乗る脳性麻痺の人いますが「自分を普通と思っているよ」と言うものです。

学校のやっていることは理屈では正しいですが、実際子どもたちのニーズを捉えているかというと「うーん」とうなってしまいます。

 

「じゃあ能力の代わりに大事なことって何なの?」

と答えますと好きなことです。

 

お金とか能力と幸せは関係ないことなんです。

どこかの国の指導者をみてください。

大金持ちでやりたい放題ですが、内心穏やかじゃないですよ。

だってお互いに「殺してやる」って言い合っているんです。「どんな関係だよ、そりゃ?」と思ってしまいます。

 

「自分は幸せだ」と言う障害ある人をみてみてください。

彼らは自分の好きなことを見つけ、実際やっている人たちなんです。

 

学校って好きなことや、夢を叶えようとはしてくれないんです。

「これをしましょう」ってもうやること決まっているんです。子どもたちはゲンナリします。

 

逆張りじゃないですけど、学校に習って「ルールと能力の向上」に励むべきじゃないんです。

逆をやるんです。

 

頑張らなくても、いきなり人生を楽しめばいいんです。

楽しんでいるうちに、意欲が湧いてきて、つられるように能力もあがっていきます。

「好きこそものの上手なれ」ということですね。

 

というわけで、お家では「好きと思いやりを育む」を基準としてください。

好きなことをしている時間は幸せです。その姿に「いいね!」と心の中でgoodを押してください。

 

運動会とか「参加したくない!」っていうなら参加しなくてもいいんですよ。

他人を思いやる心があれば、ルールに縛られることないです。

自分で決めて決断することは、責任を自分が被ることになります。

 

運動会に本当に出ない結果を自分で味わうのも経験です。

学校は何でもポジティブを尊びますが、ネガティブも世の中には必要です。

先生だって辛くなったら休んでますしね。

 

学校は「ルールと能力の向上」が評価基準です。

家庭まで一緒になると子どもたちは参ってしまいます。未来も拓かれません。

 

家庭の基準は「好きを尊重し思いやりを育む」でぜひいてあげてください。

バランスのとれた環境でいられます。心が元気になって良いサイクルが生まれてきますよ。

 

 

親と子をつなぐ新しい基準。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinでは「サロン」を開いています。

サロンとはネット上で集まるカルチャースクールです。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画配信(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは言えない話や読者さん同士の交流など)

・メルマガ発行(不定期発行)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

 

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

夢へのenzinでは「この子が幸せになるためには?」をテーマに情報配信しています。

好きと思いやりを育むことで、子どもたちはもっと前向きになれます。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-小学校か特別支援学校か
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.