不登校

不登校への理解。「頑張る」と「我慢」のすり替えが成長を止める。

更新日:

学校越えて日本中で頑張ると我慢がすり替わっています。

頑張るの中には夢が含まれています。「夢に向かって頑張る」です。

夢のない耐えることは我慢です。

 

学校で使われている「頑張ろう」は「我慢しよう」です。

同じ行動をすること、言う通りにすること、課題を乗り越えることが夢とは思えないからです。

 

一つ想像してみてください。

熱湯に入って真っ赤な顔をしている子どもがいるとします。「我慢してるな」と思いませんか。

 

今度はあなたが先生とします。「子どもを45分お湯に入れるのが仕事」だとします。

熱湯に入る真っ赤な子に「頑張れ」という言葉かけが出てくると想像できませんか。

 

立場ゆえに子どもに我慢させていることを「頑張れ」と表現している。

「頑張れ」と言われる側の気持ちを想像していただけたら有難いです。

 

私は以前、学校の先生でしたが「頑張れと言われることがトラウマ」という子は少なからずいます。

 

我慢が感じる心を奪う

学校へ行くのが苦痛な子に「頑張って学校へ行こう」は負担になります。

「我慢して学校へ行こう、が心情なんだな」と認識した方が子どもは救われます。

 

先生は「我慢することも成長だ」と主張しますが、我慢とは感覚の退化です。

我慢を続けようと思うなら感じなくなればいい。

 

熱湯に入り続けるには熱いと感じなければいい。

辛い状態に耐え続けるには「嫌だ」と感じなければいい。

 

感じる心を失くしたとき、全ての教育は形だけになります。

 

「火は熱いんだ」と分かるのは「熱い!」と感じるからです。

熱を感じない人間がもしいれば「火は熱いんだ」とは分かりません。

 

「生きる力」とされる優しさ、思いやり、夢や目標は感じて理解するものです。

何も感じない子に「生きる力」は理解できない。

 

教育で奪ってはならないものが感じる心です。

幼い頃のすぐ泣く、ぐずる、好奇心で行動することは学びの土台です。

学校への行き渋りは「嫌だ」と感じている証拠です。

 

頑張れと我慢のすり替えが子どもたちから感じる心を奪います。

先生がすり替えを分かるのは難しいでしょう。

 

お家では、我慢を減らしてもらえませんか。

 

・我慢は成長ではない

・頑張れと我慢のすり替えが起きている

 

この2つを意識してみてください。

子どもたちの心の内がどんなものか、正確に分かるはずです。

 

例をあげましょう。

 

野球が大好きな子が学校で大人しく座っています。これは我慢です。

野球が大好きな子がジョギングや筋トレをしています。これが頑張るです。

 

「辛いことしかないけど登校する」は我慢です。

「友達と話すのが楽しみで登校する」になれば頑張るです。

 

先に夢があるかないか、の違いです。

 

我慢を減らせば、感じる心は保たれます。

感じる心があれば、夢はなくなりません。「頑張れ」の言葉は励みになります。

 

 

親と子をつなぐ。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロン」とは「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信と個別相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは子育てを一から定義していきます。

当たり前だったことが分からなくなり、子どもと親・大人がバラバラです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、子どもたちも変わります。

 

夢へのenzinは子どもと大人の心をつなぐ架け橋です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-不登校
-,

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.