ありのままの子育て

中学生の喫煙。注意よりも人間関係を良くしよう。

更新日:

photo by Shannon Holman

中学生というか高校生でもダメですが。喫煙問題です。

子どもが喫煙していることが分かったとき、どうすればいいのか。

 

注意そこそこに。

お子さんとの良好な関係と維持に務めてください。

 

喫煙のきっかけの大半は友達からの影響です。

手前断りづらいし、自分だけ吸わないのも”かっこ悪いこと”なのです。

 

似た例で言えば、女子中高生が一度髪型やメイクを始めたら、昔のすっぴんで出歩けないのと似た心理でしょう。

 

中高生の男子は度胸とかっこよさがステータスです。

「健康に悪いしやめるわ」「怒られたから禁煙」とはかっこ悪くてできない。

 

禁止しても隠れて吸うだけなので、親子喧嘩でもタバコは題材にしないことをお勧めします。

 

学校の先生は喫煙を騒ぐでしょう。「絶対止めるように」と言ってくるはずです。

理由は「分かりやすい違反だから」「反抗的程度の表れだから」などです。

 

喫煙は法律違反ですが「20歳になればOK」という法律です。

飲酒のように酩酊して迷惑かけるものでもありません。

タバコよりやってはいけないことは山のようにある。

 

言うと怒られそうですが「タバコを吸っている」という問題は小手先です。

根元にある心理的な部分の方が大事です。

 

喫煙を発見した後はどうすればいいの?

タバコを吸う理由は友達との関係が大きいモノです。

ちょっと不良な子との付き合いがあるかもしれないということ。

 

心配すべきは喫煙ではなく、その裏にある人間関係と心の満たされ具合です。

 

実は寂しいのかもしれない。友達との付き合いで断れないかもしれない。

 

喫煙を見つけたら、注意したい気持ちは置いておいて。

お子さんとの関係を良好なものに。「家は安心して帰ってこられる場所」にしてあげてください。

 

親子が日々楽しそうに会話やコミュニケーションが出来ていれば問題ありません。

トラブルがあっても家に逃げ込めるからです。逃げ場を用意しておくイメージです。

 

喫煙をきっかけに親子関係が悪化する方が最悪です。

家が逃げ場でなくれれば、よろしくない人間関係の中に逃げ込まざるをえないからです。

 

 明るい不良になろう

一度「悪い=カッコいい」の世界に入るとしばらく戻ってきません。

 

元に戻すことより心を明るくする方が建設的です。

 

いわば。

 

明るい不良をめざしましょう。

 

大金持ちでも「気分が暗いお金持ち」ならその先は危ういです。

不良でも気持ちが明るく人生にポジティブならそれでいい。

日々に生き甲斐があるならそれでOKです。

 

成人する頃には素敵な大人になっています。

 

世の中は喫煙行動そのものに注意しがちです。

でも本当に大切なのは根っこにある心の明るさです。

 

喫煙行動そのものへの対処は「枝毛の処理」みたいなものなんです。

枝毛をなくすのは栄養や睡眠など根っこの問題。枝毛を切れば解決するわけではないんです。

 

心を明るくさせていきましょう。

 

 

子どもたちの未来を築こう。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業と相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して子どもたちの心の問題を解決していきたいのです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。本当はどうすればいいのか。

 

答えはルールとの付き合い方にあります。

学校のルール尊重は当然ですが、個人の心の想いも当然尊重すべきものです。

 

「日々に生き甲斐を感じてほしい」

「子どもの頃の笑顔や気持ちを持ち続けてほしい」

「親子の絆を深めたい」

「子どもたちのために明るい未来を作ってあげたい」

 

そう願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

子どもたちではなく私たち大人が変わりましょう。大人が変われば子どもたちの未来はもっと明るくなります。

このサイト夢へのenzin(エンジン)は子どもたちの未来を築く礎です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.