ありのままの子育て

素直なままでいてほしい。子どもの無邪気さとルールの両立。

更新日:

photo by esmccrory

無邪気さとルールは両立出来ます。

子どもの素晴らしさは素直さや無邪気さだと思います。

 

ただ素直なままでは困るのでルールや協調性をつけてもらうのですが、小学校高学年あたりから表情に曇りが出る場合も。

「ルール」という外部からの目線が入ってきて恥の感覚を覚えるのです。

 

恥の感覚のおかげで分別もついていきますが、引き換えに素直な心を失っています。

超もったいない。

 

ルールと素直さは両立します。

ルールに服従するのではなく、ルールを自分の中に取り込でもらうのです。

 

そのために「自分のことは自分で決める」という意識です。

ルールとは本来、自分で選んでもらうものです。

 

でも今の主流はルールの正しさを訴え、反復練習のように繰り返していますよね。

それだと素直さはなくなり、表情が曇っていきます。

 

この方法が広まれば日本中の子どもたちが晴れやかなままに分別がついてくれると信じて書いています。

大人になって自分探しをする必要なくなりますから。

 

というわけで素直な心とルールの身に付け方を解説します。

 

坊主に憎ければ袈裟まで憎いとはいったもので・・

「自分のことは自分で決める」という意識付けは大人の態度は鍵です。

 

ご家庭で「あなたの人生はあなたが決めなさい」と意識をもってください。

 

本人が選ぶことを尊重して、大事な決断ほど本人に任せること。

正解に導く、教えるのではなく、失敗したときのフォローを大人は頑張ることです。

 

そうすると2つのことが起きます。

 

一つは親子関係が良好になります。「私の気持ちを尊重してくれるんだ」と喜んでくれます。

二つ目は、すぐにルールを取り込んではくれないので親御さんはもどかしい気持ちになるでしょう。

ただそれは成長の過程です。待つ姿勢でいてください。

 

先ほど言いましたがこの方法の良い点は良好な親子関係が築けるということなんです。

 

この方法を推す根拠は、私は以前に先生していて不良な子に「俺、先生には忠誠誓ってるし」とか言われたものなんです。

自分で言うのも何ですが、彼らは私のことを好きになってくれたんですよ。

 

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とは言ったもので、子どもは「好きか嫌いか」で判断しています。

良好な関係であれば、子どもから勝手に価値観を自分の中に取り込んでくれます。

 

ハッキリいってこのやり方は、めちゃくちゃ楽しいですよ。

仲が良くなりつつ、自分の教えが相手に浸透していく感覚を味わえます。

自分の魂が受け継がれていく実感です。

 

学校的な理屈と反復練習だと憎しみを持たれることさえあります。

「自分の事は自分で決める」という子どもの独立を認めることが、素直さとルールの両立であり、良好な関係を築くコツです。

心のつながりは子どもの独立を認めることで深まるんです。

「離れた方が関係が深まる」という不思議な関係なんですね、大人と子どもは。

 

ちょっと脱線しましたが「あなたの人生はあなたが決めなさい」という親の態度が「自分のことは自分で決めるんだ」という姿勢をお子さんに生みだします。

 

子どもの意志の独立を認めると親子関係は良好になります。

すると積極的にルールを自分の中に取り込んでいきます。

 

自分から選んだルールであれば、心の素直さや無邪気さは失われません。※服従させると失うのです。

 

私はこの方法を非常に強くお勧めします。

私たち世代もそうかもしれませんが、子どもたちは自分を見失っています。

それはルールに服従して自分の気持ちを見失っているからです。

 

大げさでもなく、日本中の子どもらが素直さを残しつつ成長して、活気を取り戻してくれることを願っております。

お家でもぜひ。

 

 

子どもたちの未来を築こう。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業と相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

料金は月額500円。初月無料です。

 

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して子どもたちの心の問題を解決していきたいのです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。本当はどうすればいいのか。

 

答えはルールとの付き合い方にあります。

学校のルール尊重は当然ですが、個人の心の想いも当然尊重すべきものです。

 

「日々に生き甲斐を感じてほしい」

「子どもの頃の笑顔や気持ちを持ち続けてほしい」

「親子の絆を深めたい」

「子どもたちのために明るい未来を作ってあげたい」

 

そう願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

子どもたちではなく私たち大人が変わりましょう。最初に変わるべきは大人です。

 

このサイト夢へのenzin(エンジン)は子どもたちの未来を明るくするための礎です。

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.