やさしいお母さんになるには

母親はずっと家にいなくても大丈夫です。

更新日:

photo by Beverly Yuen Thompson

 

 

私は以前は学校の先生をしていました。

そのときの保護者さんですが「母親はずっと家にいるものと思ってたんです」と語るお母さんがいました。

以前は働いておられたのですが、結婚を機に専業主婦に。それを当然と思っていたそうです。

 

というのもお母さん自身が育った環境が母親は専業主婦でずっと家にいる。お父さんは仕事一筋。

「母親は家にいるものだ」と無意識に思っていたようです。

 

ただ体調を崩して入院したのを機に「外で働きたい」と願っている自分に気づいたそうです。

そして働き始めたら体調も良くなった、という話でした。

 

むしろ出た方がいい

「母親はすっと家にいなければいけない」

そんなことはありません。実際に働いているけど子どもは明るく前向きに育っている子はいくらでもいます。

 

むしろ逆です。

 

ストレスや違和感を感じているなら、それを解消するのが当たり前です。

辛いけどそれを続けるのは、熱湯に入り続けているのと同じです。

熱いお湯からは出るのが当たり前。ストレスを感じているなら解消するのが当たり前です。

 

これは私の主観入ってますが、外で働くこと、遊んだ方がいいですよ。

 

良いお母さん、優しいお母さんというのは子どもが側にいて欲しいときに寄り添ってあげるお母さんです。

 

ずっといるのが優しさや良いことでもないんです。

常に寄り添うことは「しつこい服屋の店員さん」をイメージしてください。

過度の寄り添いは「ありがた迷惑」になってしまいます。

 

子どもが「一人で頑張りたい!」と願っているなら離れてあげるのが子どものためになるんですよ。

ついでにお母さん自身の時間も持てるので言うことなしです。

 

気をつけるべき一言

気をつけていただいきたいのは「今、頑張らないと」という発想です。

あれはほぼ”毒”です。

一見もっともそうですが、飲むとよろしくない事態になります。

 

疲れてるんだから「今、休まないと」が自然な考えです。

外に出たいなら出られるように、息抜きしたいならしましょう。

 

そのために人に頼るのもOKなんです。

「頼って欲しい」と願っている人もいますからね。

 

「母親はずっと家にいなければならない」はよろしくないものです。

お子さんがヘルプを出しているときは寄り添ってください。それ以外のときはご自身の時間を設けてください。

 

良い循環が生まれますよ。

 

ありのままを育む家庭の在り方

私は元学校の教員です。

学校は常識を教える場所。ただ当たり前が忘れられています。

 

私は以下を大切に先生をしていました。

なるべく無条件にありのまま。

人は想いで生きている

あなたの人生はあなたが決めなさい

原点に帰ることで劇的に変わっていく子どもたちがいる。

それくらいに原点、基本が忘れられています。

 

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業を行っております。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※個別相談を承ります。(別途費用)

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

 

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「当たり前の教育」を提唱しています。

「もっと相手を喜ばせたい」

「側にいれるだけで幸せ」

「子どもと心の繋がりを感じる」

そんな瞬間をご提供するのが目的です。

 

もう一度、人を子どもを、教育を再定義しましょう。原点に帰ることが必要です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.