特別支援の話

知的障害ある子の性の被害。知識を教えるだけでは防げない。

更新日:

知的障害ある人が入所施設などで性的被害に遭うニュースが流れてきます。

被害を避けるため、減らす、撲滅のために、学校では性の問題を「知識を教える」という方向ですすめています。

 

この流れは正しいように思えて、大きな効果は上がらないはずです。

なぜなら「正しいルールを教えたら子どもたちはやるんだ」という発想と同じだからです。

 

違うんです。

「正しいことでもやらない」のが子どもであり、人間です。

 

性の問題もハサミや包丁の使い方と同じです。

正しいハサミの使い方を知っていても、心が乱れている人はハサミを凶器に使います。

 

学校で性の問題を扱うことは増えていますが「知識だけでは解決しない」ということを意識してください。

考える力、判断力が必用。

 

性被害の現場を想像してみてください。

「相手の欲求が間違っているから断る」という知識では、言いくるめられたら防げません。

教えた通りのシチュエーションになるとも限りません。むしろならないでしょう。

 

今、学校はサラリーマン化しているので”事務作業”になっています。

バッサリ言えば知識を教えるのが簡単であり楽です。色んな意味で学校で知識以外のことを教わることは難しい。

 

よって家庭では知識以外の考える力や判断力を意識してください。

 

主人公になること

性的被害を避ける、という意味合いで普段から本人が選ぶ習慣を設けてください。

 

簡単なことはすぐに出来ると思います。

 

ポイントとなるのは「非効率的」「不都合」であっても本人の選択なら尊重することです。

学校では先生が指導してくるので、意志の尊重がかなり弱い。

 

私が支援学校で先生していたとき見かけた光景ですが、子どもたちの非効率的な判断に対し指導する先生は多いです。

「違う。こっちの方が効率的でしょ?」という教えです。

バッサリ言って、これが最悪です。

 

自分が選んだ結果の責任を自分が負う。

 

この経験が「考える力」「判断力」を育みます。

教えないこと、評価しないことがポイントです。家では選ぶ機会をなるだけ増やしてください。

 

選ぶ内容は小さいことから。例えばご飯でも、着る服でも、遊びに行く場所でも構いません。

 

大きい判断も任せましょう。

例えば進路先の選択もなるべく本人任せにしてください。

 

重要な判断こそ本人が担うべきです。

正解を選ばせることに努力するのではなく、「失敗したらフォローしよう」という心構えでいてください。

 

自分が選んだ結果の責任を自分が負う。

 

これは「人生の主人公になる」ということです。

ドラマや映画で、最初から最後まで指図されたことに従っている主人公はいません。

自分に従って行動し、選び、結果を受け入れることで主人公になります。

 

多くの知識は小手先に終わります。

もっと根元にある「嫌だから断る。自分は主役なんだ」という意識をもってもらいましょう。

 

学校はルールの正当性を教え、評価します。

ただ「教える」「評価する」では伸びない「心の力」が実は山盛りにあります。

ルールで「心の力」は伸びません。

そこに気づかないゆえに問題は起き続けています。

例えば「支援学校は先生が多いから良い」というのは定説ですが「先生が多いからがんじがらめだ」という意見を聞きません。

我々の意識を変えることで、起き続ける事件はもっと減らすことが出来ると思っています。

 

家庭ではぜひ普段の生活から選ぶこと、主役になることを意識してください。

意志を持つことが、事件を避けることに繋がります。

 

 

生き甲斐を見つける”授業”

私は元学校の教員です。

学校は常識を教える場所。ただ当たり前が忘れられています。

 

私は以下を大切に先生をしていました。

なるべく無条件にありのまま。

人は想いで生きている

あなたの人生はあなたが決めなさい

原点に帰ることで劇的に変わっていく子どもたちがいる。

それくらいに原点、基本が忘れられています。

 

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業を行っております。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※個別相談を承ります。(別途費用)

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「当たり前の教育」を提唱しています。

「もっと相手を喜ばせたい」

「側にいれるだけで幸せ」

「子どもと心の繋がりを感じる」

そんな瞬間をご提供するのが目的です。

 

もう一度、人を子どもを、教育を再定義しましょう。原点に帰ることが必要です。

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-特別支援の話

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.