ありのままの子育て

英才塾や私立は必要ない!公立学校で個性を伸ばす方法。

更新日:

photo by Abhinay Omkar

社長は個性が大事です。社員は忠実さが大事。

立場によって求められる能力は違います。

 

そして公立学校とは「忠実なサラリーマンになれる養成所」です。

言い換えれば、公立学校の教え方では個性やリーダーシップは伸びない。

 

と、そんなことは既に分かっていて英才塾や私立学校へ進ませようとする親御さんもいるでしょう。

ただそれが全てでもないんです。

 

私立学校は選抜試験があるため、入っている子は大体が似ています。

これは「多様性を知る」という意味ではマイナス面でもあります。

 

公立学校にも良さはあるのです。

「夢を叶えてほしい」「個性を発揮してほしい」

そう願うご家族へ向けて公立学校で個性や才能を伸ばすコツをお話しします。

 

公立学校のジレンマ

公立学校でも個性は伸ばせます。

ポイントは学校とは逆のことをやればいんです。

 

公立学校に通う際は「方法よりも意欲の方が大事」と意識してください。

 

例えば、勉強は優れた参考書や教育メソッドよりも、勉強への意欲が遙かに大事。

ただ公立学校は意欲を育んでくれないのが大きなネックなんです。

 

学校は「みんな同じ」が主軸です。

みんなと同じことをしていれば個性はなくなります。「こうありたい」という意欲もなくします。

 

だから学校の逆をやるんです。

公立学校には「個性を育みたいけど本当にやると仕事にならない」というジレンマがあります。

バッサリ言えば生徒は無個性でみんなと同じことをしてくれる方が先生は楽なのです。

 

この構造がある以上、公立学校でスローガンは掲げられても実際に個性や意欲は育まれない。

この状況を打破するのは家庭の在り方です。

 

ルールや規律や協調性は学校で必ず学べます。

それがないと先生が困るので協調性は必修科目です。

ですが個性や意欲は選択科目か教えません。

 

つまり家庭は学校と真逆の役割です。

個性や意欲を育むことを大切にしてください。

 

家庭で気をつけること

公立学校は均質化が第一ですが、それはそれで意味はあります。

学校を否定し注文をつける必要は特にありません。

家庭での過ごしに尽力してください。

 

家では好きをとことん突き詰めるようにしましょう。

親は親で好きなことをしてください。子どもは子どもで好きを突き詰める。

 

そうすると学校の先生からはあんまり褒められません。

怒られることもあるでしょう。

 

家庭に対して注文も入る場合もあります。

その注文の内容は鵜呑みにせずよく吟味してください。

 

友達に迷惑かけているなら反省することも要るでしょう。

ただ先生なら気にしないで大丈夫です。先生は個性と意欲を理解出来ないのです。

 

なぜなら先生も個性を抑えて仕事しています。

だから相手の個性が理解できない。なので気にしなくていい。※公立の先生すみません。

 

家では個性を尊重し、愛情を伝えていてください。

愛のある個性は世の中を良くします。子ども本人にも幸せをもたらします。

 

学校ではルールや常識を学ぶ。家では個性を伸ばす。愛情を伝える。

 

このバランスで意欲は保たれます。

公立学校へ通う子の意欲が高まれば社会も良くなるのでいいことずくめです。

ぜひ。

 

当たり前が分かる授業

私は元学校の教員です。

学校は常識を教える場所。ただ当たり前が忘れられています。

 

私は以下を大切に先生をしていました。

 

なるべく無条件にありのまま。

人は想いで生きている

あなたの人生はあなたが決めなさい

 

原点に帰ることで劇的に変わっていく子どもたちがいる。

それくらいに原点、基本が忘れられています。

 

このブログ夢へのenzinではインターネット上での「サロン」を開いています。

「サロンとは何か?」と言いますと「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信による授業を行っております。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話やプライベートな部分も話しています)

・メール相談、LINE・Skype相談※個別相談を承ります。(別途費用)

 

料金は月額500円かつ初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

私はこのブログ・サロンを通して「当たり前の教育」を提唱しています。

「もっと相手を喜ばせたい」

「側にいれるだけで幸せ」

「子どもと心の繋がりを感じる」

そんな瞬間をご提供するのが目的です。

 

もう一度、人を子どもを、教育を再定義しましょう。原点に帰ることが必要です。

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-ありのままの子育て
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.