やさしいお母さんになるには

笑えないときこそ心躍ることを。

更新日:

photo by Vladimir Pustovit

二人で踊るとき、相手が仏頂面だと楽しく踊れません。

それが満面の笑みになるととっても楽しく踊れます。

 

いつも心躍っていたいですね。

 

「そりゃそうだけど・・・」とは思わずに。

 

硬くするのは理屈や正しさ。

柔らかくするのは嬉しいや楽しい。

自分の心が踊ると相手の心も踊る。

 

どうしても笑えないときもあります。

相手が笑ってくれないときもあります。

 

そんなときこそ、です。

 

お母さん、なるべく心柔らかく。躍ってください。

その心に家族中が躍り出します。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.