やさしいお母さんになるには

自分を否定してしまう・・・イライラしないお母さんになる選択。どっちを選ぶ?

更新日:

phoyo by Jackie K

スリッパの発明は日本人です。

 

今から150年程前に、日本に外国人がやってきました。

日本の文化は靴を脱ぐ文化ですよね。玄関で履き物を脱いであがる文化です。

 

外国は脱ぎません。土足でそのままです。

日本人からすれば信じられない話ですが、外国では「靴脱げ」という文化の方が信じられない。

 

で、150年前に来た外国人は土足で屋敷に上がろうとするわけです。

 

当時は着物にちょんまげに刀差して歩いている時代です。

外国人は最新の鉄砲持ってます。相手の方が強い。

 

気弱な日本人は「靴脱げこのやろー」と言えなかったんです。

かといって「土足でいいよ」というのもイヤです。

 

そこでスリッパを発明したんです。

ずっと靴でいられるよう「家の中で履く靴=スリッパ」を発明してあげたんですね。

 

これだと「履き替えてね」とお願い出来ます。

外国人も「まぁこれなら」と納得します。

 

そうやって仲良くやっていったわけです。

 

文化は書き換えればいい

人は最初に経験した文化を絶対視する癖があります。

スリッパの話もそうです。

 

日本に生まれたら家に上がるとき靴脱ぐのは当たり前。

でも外国で生まれたら土足が当たり前。

 

外国で生まれたら日本で暮らすのに困ってしまいますね。

困るなら今までの常識を上書き修正していけばいい。

 

子育て中のお母さんにも言える話で。

誰でも子どもと向き合うのも初めてです。常識が通用しません。

 

でも「相手を変えよう」と努力してもうまくいきません。

変わらない事にイライラするのが常です。

 

だからスリッパを発明するんです。

 

ここから注意深く読んでくださいね。

あなたが思う「こうだ」「これが普通」は正反対の意見も存在します。

壁にぶつかったなら、都合の良いように修正すればいい。

 

特にオススメするのが自己否定やマイナス思考。

 

「子どもは思い通りに育つわけない。だから私も手を抜いて好きなことやっておこう」

でも子育ては成立します。

 

例え幼い頃誰かに否定されてきたとしても。

 

あなたを肯定する視点も存在するんです。「出会うか、出会わなかったか」の違いだけ。

土足厳禁の文化と土足OKの文化の違いと同じです。

 

「嘘だ、信じられない」

 

そう思うなら信じなくても構いません。

でも「信じたい」という気持ちがあるなら信じていいんですよ。

 

どっちを選びますか?

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.