やさしいお母さんになるには

「子どもがカワイイと思えない」は誰にでもある話。考えるよりも感じること。

投稿日:

photo by barnyz

同じ景色でも。

気持ち次第で印象はガラッと変わります。

 

私の体験談ですが、超がつくほどの楽しみだったイベントが、何も感じなくなったことがあります。

原因ははっきりしていて、その数か月前に仕事で大きな挫折があったんです。

 

「あれ?何も感じない??」

その時点で「仕事辞めた方がいいんじゃないか」と頭をよぎりました。

 

そして困っている人を見かけても「忙しいから」とか理屈でやらないようになるんです。

頼まれごとされたら物凄く嫌。損得勘定で考えて「意味ないな」と思いながやっていました。

 

幸い私は大人になってからの出来事だったので、対処できました。

仕事が原因だったので辞めればいい話。

 

今では元気いっぱいです。イベントも楽しめるようになりました。

自分で言うのもなんですが、損得勘定よりも気持ちで動けるようになりました。

 

同じ人間でも優しくなったり、冷たくなったりするんです。

 

「子どもがカワイイと思えない」

私はそんな人がいても決して不思議ではないと思っています。

私もそうでしたから。

 

「子どもが可愛いと思えない」それはあなた自身の問題では決してなくて。

 

嫌な事を我慢したり、辛かった気持ちに蓋をして歩いてしまったからが原因なんです。

 

出来事の問題であって、自身の問題ではないんです。

私もまた同じ経験をしたら何も感じない自分になるでしょう。

 

「経験者は語る」ですが。

どうでしょうか。気持ちのままに行動していますか。

頭で考えていることが多いなら、きっとそれは過去の私と同じだと思います。

 

努力や責めるのを止めてみてください。

そして心を癒やす方向へ舵を切りましょう。

 

気持ちが変われば、人も景色も変わって見えます。

 

では気持ちはどうすれば変わるのか。

それは好きなことしたり、気の合う仲間と話すことです。

 

その時に「楽しい」と感じますよね。

「あぁ、楽しいな」「嬉しいな」と感じる回数を増やすんですよ。

 

すると感情が戻ってきます。

 

その感情が一番大事なんです。

理屈はほぼ無意味です。

 

やさしさとは感じることから始まります。感情で景色を見れば美しさを感じます。

子どもをみればいとおしさを感じます。

 

「責める」「頑張る」「我慢」ではなく「感じる」です。

あなたも優しい人になれますよ。

photo by val489

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.