やさしいお母さんになるには

優しいお母さんは"優しいことをするお母さん"ではないです。

更新日:

phoo by vic xia

優しいこと言うけど意地悪、人前だけでは優しいなど。

優しさの定義とは難しいものです。

 

優しい言葉をかけるのが優しいお母さんではないです。

子どもに辛口だけど、優しいお母さんは山ほどいます。

 

優しいことをする=優しいお母さんもちょっと違います。

 

お母さんの中には自由きままだけど、子どもにも同じだけの自由を認めていて。

そんなバランス感覚で育てるお母さんもいます。

 

”優しいお母さん”とは目に見える理屈ではないんです。

 

優しいお母さんとは”喜び”です。

優しいお母さんは子どもの笑顔が観たいんです。喜びを共有したい。

子どもが悲しいと自分も悲しい。だからいつも笑っていてほしい。

 

相手の喜びを自分の喜びのように感じ取れる。それが優しいお母さん。

一緒の時間を過ごせるだけでもう幸せなんですよ。

 

子育ては理屈や責任感でやるものではないんです。

感じてやるものです。

 

感情には「好き!」がポイント。

好きな人、好きな場所、好きな音楽など感性を刺激することが大事。

 

「私、感性ないな・・」と思っていても大丈夫。

感性がないのではなく「忘れている」という表現が正解です。

 

そもそも小さい頃はみんな感性100%じゃないですか。

昔に戻る方法もあるのでやっていきましょう。

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.