やさしいお母さんになるには

夏期講習は行かなくてもよい??間違えやすい夏休みの過ごし方。

投稿日:

子どもをカワイイと感じられていますか?

「ヨソのコはカワイイ。けどうちの子には何故か腹が立つ!」そんな状態になっていませんか?

 

「礼儀正しくキチンとさせなければ」

「母親である私の責任だ」

 

そんな正義心が強いほどイライラしてしまうんです。

 

おじいちゃん、おばあちゃんが孫を溺愛するのは責任がないからっていうじゃないですか。

「おじいちゃんの言うことを聞くのに、私の言うこと聞かない!」と腹が立つ場面もあるかもしれませんね。

 

そんな方にオススメです。

正しいお母さんよりも優しいお母さんになってみてください。

正義を振りかざすのではなく、愛情を注ぐのです。

 

そんなやさしいお母さんになると子どもは優しくなります。

大きくなって「お母さんありがとう」と恩返ししてくれる瞬間がやってきます。

 

そんなときは号泣ものです。

幸せってこれですよ。

 

例えば夏期講習の案内とかね

私は学校で先生やっていました。

ほとんどの方は気づいてないと思いますが、世の中には「これが正しいんだ」「こうあるべきなんだ」という正義のメッセージが強いモノなんです。

 

例えば塾の夏期講習のCMです。

 

「この夏で差をつける!」「志望校へ一直線」みたいなフレーズです。

でもこんなフレーズの裏側には「夏休みは勉強を頑張るべきなんだ」というメッセージがあります。

 

正しいお母さんは周りがどうしているかに敏感です。

CMで何回も流されると「ウチも塾行かせるべきなんじゃないか」「他の家はどうしているんだろう」と気になります。

 

ここで子どもの気持ちを確認せずに塾の無料体験に応募すると正しいお母さんです。

 

私は学習塾での先生経験もありますが、子どものやる気がついてきてない場合、成績を伸ばすのはほぼ無理です。

「ほぼ」というのは先生次第で伸ばすことは出来ますが、高い確率で燃え尽き症候群になっちゃうんですね。

 

やる気ない子を伸ばす方法はありません。

多くの子どもが夏休みの宿題を形式だけの勉強で終わらすように、やる気のない勉強は形だけに終わります。

 

夏期講習は必須ではない

繰り返しになりますが、世の中は「こうあるべきなんだ」というメッセージが凄く多いんです。

 

江戸時代やもっと昔。

マンモス追いかけて、縄文土器で貝を焼いて食べてた時期ならこんなメッセージ見なくて済んだのですが、現代は違います。

 

テレビでも新聞でもネットでも。

「こうあるべきなんだ」というメッセージだらけです。

 

で、ですね。

 

やさしいお母さんは「正義よりも愛」が信条です。

愛こそ全てなのです。Always Love You です。

 

世の中の「こうあるべきなんだ」よりも、子どもがどうありたいのか、どうしたいのか。

 

正義という理屈より愛という感情で考えるのです。

 

で、実際はどうするかということ夏期講習は子どもの心情に合わせて考えます。

「このままだと困るかな?」と思えば塾に行かせる場合もあるでしょう。

 

ただ過干渉はしません。

勉強やらないようであれば「まぁそれもいいか」と考えるのです。

 

「やらなければ」ではなく「やっておいた方がいいんじゃない?」という感覚です。

子どもの状態を見て「必要ないな」と思ったら行かせないのもアリなのです。

 

愛のある夏休みを

やさしいお母さんは感情を大切にします。

 

夏休みにはここぞとばかりに楽しい思い出を作ろうと考えます。

 

沖縄や北海道、ハワイやロスなど旅行の計画。

ディズニーランドやUSJやレゴランド。

海水浴や映画などなど、「思い出を作ろう!」という発想なのです。

 

この感覚非常に大事です。

人間は結局「感情的に満たされているか、いないか」で人生決まってきます。

 

学校は楽しいばかりでないので嫌な気持ちにもなっていきます。すると頑張るエネルギーが減っていきます。

だからここで気持ちの燃料補給なのです。

 

夏休みに愛情を満タンにしておいた子は2学期以降のレースも走り続けられるのです。

 

中3など受験前になると、勉強頑張るのもアリでしょう。

ただ感情の燃料補給が本来の夏休みの仕事なのです。

 

 

お母さんにも燃料補給を

人を育てるのは愛という感情です。

正義という理屈で人は育ちません。

 

そして、子どもに愛情を注ぐにはお母さん自身にも燃料補給が必要です。

夏の時間の全てを子どもに捧げるのではなく、隙間を見つけてお母さん自身の楽しみを作ってくださいね。

 

夏休みって昼ご飯の準備がいるし、子どもは遅くまで起きてるし、宿題はやらないし大変じゃないですか。

お仕事されてる方なら尚更大変です。

子どもにとっては休みですが、お母さんにとっては戦場のような日々のはず。

 

だから、それらやってるだけであなたはもう立派なお母さんなんです。

 

正しい夏休みはどうでもいいので、親子ともに楽しい夏休みを過ごしてくださいね。

子どもの宿題手伝う時間あったらテレビ観て美味しいジュースでもビールでも飲んでてくださいー。

photo by escarcanco

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-,

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.