筋ジストロフィー

筋ジストロフィーの自分がうつ病になった経緯。景の体験談。

更新日:

私は以前は特別支援学校で先生をやっていました。

その頃からの知人で筋ジストロフィーという障がいをもつ青年がいます。名前は”景(きょう)”といいます。

 

彼は小学校時代にうつ病と診断され、中学、高校へと進んでいく過程でそれを克服していきました。

彼は「同じ筋ジストロフィーで悩んでいる人の助けになりたい」ということで自身の経験を語ってくれました。

 

今回は小学校時代にうつ病になったきっかけです。

 

筋ジストロフィーの自分。なぜうつ病になったのか

障害は筋ジスストロフィー。 知ったのは幼稚園の年長の時。

走るのが遅く、立ち上がるのもやっとで息が切れていた。 人とは違うと思った。

 

うつ病の始まりはほんとに些細なこと。 「ただ、学校を休みたいだけ」 という何の理由もない、気分的な問題だった。

 

当時を振り返れば、自分は人と関わるのが苦手で、何かと気を使う性分。ネガティブに物事を考えていた。

人に嫌われるのが嫌で 面倒なことからは逃げるように生きていた。

だからか、 人を遠く離れた場所から見る。 周囲を傍観しているような感覚を持って生きていた。

 

なんの理由もなく学校をさぼったのが原因で鬱になるようなことにあるのか?

不思議に思うでしょう。

 

理由を説明すると自分は筋ジストロフィーの障害を持っており肢体不自由。小学校の障害児学級に入っていた。

 

そして自分が学校を休みだすと担任教師があーでもない こーでもないと、理由を付けた。

例えば 「周りの子が 走ったりするから」とか 「障害を理由に人との 違いに気づいたから」なんて理由を。

 

しょうもない理由を周りの友達に話してしまったらしい。 まぁ 勝手な理由つけるよな、大人は、特に。

でも 子供心には傷つく。

そして自分は「なんも考えんと 休まなければよかった」って 思った。

 

気がつけば 自分を 責めて責めて 責め続けて 学校にいけなくなった。

親も変だと気付き、精神科へ。 診断結果………鬱。 という風になってしまった。

 

うつから立ち直った理由とは

今回の景の話はここまでなのですが、彼がうつに立ち直った理由をお話します。

小学校を卒業するまで景のうつ状態は続いていたんです。ですが中学校で特別支援学校に入るとやがてうつはなくなっていたそうです。

 

本人的にも「あれ?なんともない」みたいな。

うつから立ち直ったきっかけはなんだったのか。それは「自分らしさ」を取り戻したことです。

 

具体的にどんなことかというと景は特別支援学校に入ると一緒に遊ぶ仲間や先生に恵まれ、色んな楽しい体験、思い出を作りました。

その楽しい気持ちがやがてうつを治していたんです。

 

景はこうも言います。「今、出来ることを最大限にやろう」と。

それもやりたくないことかじゃないですよ。好きなことや興味あること、心が動くことなどです。

そうやっていくうちに「あ、自分にはこんな可能性があるんだ」と気づけるんです。

 

これは間違いなく断言出来ます。

「あなたには可能性があるよ」「こんなことも出来るじゃない」と言葉で分からせることではないんです。

 

なぜ、そんなことが言えるのか。

それは私も過去にうつ寸前にまで、2ヶ月間引きこもり状態になったことがあるからです。

 

私の場合は社会人になってからでした。自分の夢を持って取り組んだ職場で何もかもが上手くいかない。

周囲は自分の話を聞いてくれず、批判の嵐でした。

「自分には何の価値もないんじゃないか」「自分には何もない」そう思いました。

そして仕事を辞めて2ヶ月間、自宅でゲームだけして過ごしていました。

 

ある日、大学時代の友人から連絡あったんです。「久しぶりに一緒に飲もうよ」というたわいのない誘いでした。

私はその日、友人と一緒に居酒屋で飲んでいました。久しぶりに楽しい時間でした。

 

その帰りに気づいたんです。

「俺にはまだ楽しい時間をくれる友人がいるな」って、そう思えたんです。

 

そしてこう思いました。

「また友達と会いたいな」

「そのためにはどうすればいいんだろう」

「また働かないとダメだ。もう会えなくなる」

 

そう思いました。そこから社会復帰したんです。

 

人を動かすのは理屈じゃない

冒頭で話した通り、私は以前は特別支援学校で先生をやっていました。

多くの子どもたちに出会い、中にはいじめに遭って自信を失った子や不登校を経験した子、「生きる目標がない、死にたい」ともらす子もいました。

でも、彼らは今はそんなことは言っていません。彼らが変わっていった姿を私は先生として間近で見てきました。

 

彼らを変えたのは景と同じ「自分らしさ」を取り戻したことです。

自分は何が好きで、どんなことに喜びを感じて、友達と呼べる人がいる、得意なことがある。出来ることをまだまだ沢山もっている。

そんな忘れていた「自分らしさ」に彼らは気づいたんです。

 

人を動かすのは理屈ではありません。「これが正しい」とか「みんなはこうしている」とかの常識や規範ではないです。

「正しいから生きてる」ではないですよね。

「生きたい」と思えるから生きているんです。

 

「生きたい」と思うのは理屈ではなく感情です。感情を動かしてください。

感情を動かすには好きなこと、やりたいことをとことこんやり込むことです。それが「自分らしい生き方」です。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-筋ジストロフィー
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.