スポンサーリンク

不登校の寄り添い方

『学校行きたくない』

お子さんがSOSを出してきたときの対応の仕方です。

 

前提として子育てで大事なのは「感動と勉強を両立させること」と思っていてください。。

不登校というのは「学校に行っても何の感動もない」という心境です。

「感動0で勉強だけ」ということですね。

 

感動を増やすことで前向きになっていきます。

良いのは「愛されている」という感動です。

 

お子さんの気持ちを受けとめてみてください。

具体的に以下のようなことを思い浮かべてみてください。

 

・「学校行きたくない」という気持ちを否定しない

・「よっぽど行きたくないんだな」と相応のことがあったと想像すること

・「どんな言葉や態度で今のこの子は感動するだろうか?」と察してみること

 

これらは考えるだけでも、効果があります。

お母さんやお父さんの言葉やしぐさが柔らかくなるはずです。

 

お子さんはどう思うか。

「僕の(私の)気持ちを分かってくれた」と感動してくれるはずです。

そのとき0だった感動は5や10に上がっています。

 

「心が風邪を引いている状態」と思えばいいでしょう。

風邪が治ればまた学校行けるのと同じです。

感動で気持ちを回復させていけばまた前へ進めます。

 

例えばテレビやゲームや漫画でも何でもいいです。

お子さんが夢中になって楽しんでいる姿をどう思われますか。

「気持ちを回復させているんだな」と思いやってみてください。

 

お子さんは学校を行っていないことをどこかで気にしています。

「学校行きなさい」と言われたら返す言葉もないんです。

不登校で一番怖いのは正論でしょう。

 

その正論をあえて言わない。

遊びや楽しんでいることを悪く思わない。

 

そんな態度でいる理由は「こんなことであなたはダメにならない」と信じる気持ちであったり「よほど辛いことがあったんだ」と察する気持ちです。

 

ピンチに寄り添ってくれるといつも以上に温かさを感じます。

やはり風邪のときの対応と似ています。安静と休養なんです。

 

いっぱい勉強して、いっぱい感動しているのが理想型です。

生活の中に感動を加えてください。