不登校

不登校とは自分探し。「自分のために学校へ行く」で前に進める。

投稿日:

photo by Matt Miller

勉強とは自分のためにするものです。

学校は自分のために行きます。

 

不登校とは自分探しです。

「こんなんやってられるか!」という自分の意見を表明すること。

 

学校とはいわば「金太郎飴」になる場所です。

理不尽に感じるのは当然です。金太郎飴になりたい人いませんから。

学校に通わないことで見つかるのは自分のやりたいことや本心。自分探しなのです。

 

あらゆる人が自分の立場を主張し正論の如く言います。

JALやANAは「東京へ行くなら新幹線より飛行機で!」と主張します。

マクドナルドは「マックのハンバーガーが一番!」と主張します。

 

先生は「毎日学校に来るのが普通だ!」と主張します。

それは先生の立場だからです。

「毎日学校来るのが普通」という常識がある方が助かるのです。

本来は楽しい学校、有意義な学校を作って前向きに来てもらうのが本筋です。

 

子どもたちが「学校なんとかしてくれ!」という主張は当然です。

結局は訴える力のない子どもたちにしわ寄せがきています。

 

CMに踊らされてはいけない

先生の論理はCMと同じです。

「先生たちはこうやって社会人になったから君もそうしなさい」というCMです。真実かどうかは別の話。

 

CMは結局他人の声でしかないんです。

「自分の声を聴きましょう」と教える先生はまずいません。

子どもたちの周りには「周りの意見を聞きなさい」という教えしかないのです。

 

「親は這いつくばってでも子どもの意見を聞いていい」と思っています。

上からの意見は世間にあふれています。だから親はその反対をやっていい。

 

よーく考えてほしいのです。

お子さんの望んでいるものは「世の中を転覆させてやろう」「あいつをおとしめてやる」とかじゃないでしょう?

ガチガチに抑えつける必要はなくて、みんな自分の居場所と生き甲斐を感じる何かがほしいだけです。

 

勉強は自分のためにします。「テスト前だから」とか「みんなやっているから」ではなく自分の人生のためにやるんです。

優しい人間になるのは優しい友達を作るためです。自分の居場所を見つけるには優しい人間を目指すしかないのです。

 

「これ以上学校に通うのは自分のためにならない」と感じたら立ち止まるのは当たり前です。

前に進めるのは「これが自分のためだ」と思えるから。

思えなくなったら立ち止まるのが当たり前です。

なんとなく行っていた学校を「そもそもなんで行くのか?」と問う時間は本来あっていいものです。

 

「学校に行くのが普通だ」という大人の意見はそれぞれの立場を主張しているに過ぎません。

CMに踊らされてはいけないのです。

 

子どもたちの目の輝きが鈍るのは他人のために生きるからです。

「自分のために生きる」を教えてくれる人がいないのです。

 

「学校は自分のために行くものだ」

家庭で伝えてもらえないでしょうか。子どもたちの心は救われると思っています。

 

 

子どもと親をつなぐ。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロン」とは「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信と個別相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは子育てを一から定義していきます。

当たり前だったことが分からなくなり、子どもと親・大人がバラバラです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、子どもたちも変わります。

夢へのenzinは子どもと大人の心をつなぐ架け橋です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-不登校
-,

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.