特別支援の話

肢体不自由の子らの願うこと。療育や訓練との付き合い方

投稿日:

「何かをしてあげたい」って思うじゃないですか。

私は今でもやってますが自分の気に入った映画や音楽を他人に勧めます。

「悪かったなー」と思うのは、昔、相手の趣向も気にせず「これ面白いから」とオススメしていたことです。

 

「今は相手の趣向を探りながら勧めている」と思いたいところですが、相手はどう思っていることやら。

 

肢体不自由のお子さんに対して、療育や学校で教わっている時間が多くないですか。

専門家である先生は「療育しましょうね」という立場です。

「療育以外のことも大事ですよ」と指摘する人がいないかと思いますのでお話します。

 

自分の人生をオススメしてはいけない

みんな自分を中心にして物事を考えます。

デリケートな話になりますが、歩ける人は「歩ける方がいい」と考えます。障害のある子も「歩けた方がいい」と思います。

 

ただその願いは温度差があります。

みんな自分を中心にして考えるため、歩ける人の方が「それが当然だ」と思いやすいのです。

 

この温度差で困っている子がいると思っています。

「親は自分の人生を子どもにオススメしない方がいい」というのは障害のあるなしに関わず、共通です。

みんな、その子なりの生き方があって。

障害を理由に先生などは「入り込んではいけない領域に入り込んでいるんじゃないか」と感じています。

 

「あなたはこうだからこう生きなさい」と知らぬ間に規定してしまっている。

その領域に侵入してしまうと子どもは無気力や主体性の欠如などが起こる。私はそう思っています。

 

見極めるポイントの一つは「子どもが泣きわめいてないか」です。

注射するときのように、泣きわめいてでもやらねばならないときはあります。

 

ただ「出来ないことは補助具などで代用する」という選択肢もあるんです。

「自分の持つ可能性を限界まで引き出さなくていい。代用で構わない」

そんな消極的な選択が子どもたちに用意されてないな、と感じています。

 

 

子どもはこんなことを想っている

願うことは大体はみんな同じです。

「生まれてきて良かったな」と感じたいんです。好きなものを見つけ、居場所がほしいんです。

 

何が好きかも、居場所を作るのも本人です。

先生が教えられないことは沢山あって、肝心な部分は子どもにやってもらうしかないんです。

 

「僕の(私の)好きなもの探しを手伝ってほしい」

「明日も良い日であってほしい」

 

子どもの頃に願うものは、大きくこの二つです。

一例を挙げれば、好きな遊びを一緒に楽しんで、色んな場所へ出かける。これで好きなモノが見つかります。

「今日も楽しかった」と今を充実させると「明日は良い日だ」と希望を抱けます。

 

心は補助できない

身体能力の補助手段はあるが、心の補助手段はない。

肢体不自由の子どもらの環境に置き去りにされやすいのが心の成長面です。

 

強制は少なく、一緒に遊ぶ、好きなことを探す。明日も良いだと思える。

そんな日々を繰り返すことで得られるのは、心の成長です。前に進む意欲です。

 

「この子は将来何して遊ぶんだろう?」と想像してみてください。

そのイメージが明確に湧けば湧くほど、お子さんは未来に希望を抱けています。

 

 

 

親と子をつなぐ。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロン」とは「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信と個別相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

料金は月額500円。初月無料です。

 

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは子育てを一から定義していきます。

当たり前だったことが分からなくなり、子どもと親・大人がバラバラです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、子どもたちも変わります。

 

夢へのenzinは子どもと大人の心をつなぐ架け橋です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-特別支援の話
-,

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.