やさしいお母さんになるには

優しいお母さんになるにはワガママになろう。

投稿日:

photo by takuhitofujita

優しさとワガママは相反するように聞こえますが、両立するものです。

趣味のように、遊びのように優しくなれます。自分のために優しくなれます。

 

ワガママはいってはいけません!という教え

「ワガママ言ってはいけません!」という教えは学校に入ると教え込まれるでしょう。

あれは「先生のため」というのもあるんです。子どもがワガママだと仕事が成立しにくいですから。

「ワガママだと先生は困る」という事情があるのです。

 

「ワガママは封印しなきゃ」と信じる子もいるんじゃないかな、と思います。

 

自分のために生きていいんですよ。

 

自分の人生を歩むとはワガママに生きることです。

「ワガママ言うな」ではなく「優しい人になれ」が正解です。

 

80のワガママ言っても、90の優しさがあればいいんですよ。

ワガママかどうかではなく、優しさを知らない、思い出せないことが問題なんです。

 

先生に反抗するヤンキーな子でも優しい子いるじゃないですか。

ワガママだけど優しくもなれるんです。

 

子どものワガママも気になりますが「押さえ込まなきゃ」と思わないで大丈夫ですよ。

優しさを伝えていけば、ワガママで優しくなれます。

大変で心労溜まるかと思いますが、思い詰めなくて大丈夫です。

 

自分のために優しくなる

自分のために優しくなるには、原点に戻ってみましょう。

 

「野球選手になりたい!」と願う人は「野球って楽しい」と思った経験がありますよね。

「大富豪になりたい」と思うからには「お金持ちスゴイ」という情報に出会ったことが必ずあります。

 

優しいお母さんになりたいと思った方にも「優しくなりたい」と思った経験があるんです。

いつ自分は「優しくなりたい」と思ったのか。その経験をハッキリと思いだせますでしょうか。

きっかけの多くは誰かから優しくされたときです。そのとき「いいな。自分もこうなろう」と思った。

 

私の話をするので参考にしてください。

 

高校生の頃、ラグビー部でした。1年生のときです。当時1年生は私だけ。

私は足が遅くてマラソンでへばっていたら、先輩が水を持ってきてくれました。

そのときに「俺はこういう人になろう」と思ったんです。「優しくなろう」と思った原点の一つです。

 

私はあの感動を再現したくて、優しくなろうとしているんです。自画自賛してるみたいですが。

今度は先輩側になりたいんですね。だから自分のためなんです。

 

どうでしょうか。

思い出せば「自分のために」が強くなり気力が湧きます。

「そもそもなんで私は優しいお母さんになりたいと思ったんだろう?」

とご自身に問うてみてください。

 

もっと自分のために

学校や会社では義務や仕事漬けになっていきます。受け身になること多くないでしょうか。

受け身の姿勢でいると仕事は楽しくないし、遊びも楽しくない。子育てだって楽しくないんです。

 

楽しくないと優しくもなれなくないですか?

自分の原点を思い出せば「自分のためだ」とパワーも湧きます。

ワガママに優しく、遊ぶように。

自分の子育てをしてもらえたらな、と思います。

 

 

親と子をつなぐ。ありのままの教育

このブログ夢へのenzinではインターネット上で「サロン」を開いています。

「サロン」とは「ネットで集まるカルチャースクール」です。

毎週、動画配信と個別相談を承ってます。

 サロンでは以下のコンテンツをご提供いたしております。

 

・動画によるネット授業(月4回。後からの視聴可)

・掲示板利用(ブログでは書けない話など)

・メール相談、LINE・Skypeによる個別相談(別途費用)

 

料金は月額500円。初月無料です。

ビジネスですが「人と人とお付き合い」を心がけています。

「合わないな」と感じられたのでしたら無料期間中に解約していただいて本当に構いません。

 

夢へのenzinでは子育てを一から定義していきます。

当たり前だったことが分からなくなり、子どもと親・大人がバラバラです。

 

幼い頃の笑顔でずっといてほしいと思いませんか。

学校に通う頃になると、なぜ元気がなくなり、夢を見失うのか。

いじめを解消し、優しい子が増えるには大人は何をすべきか。どうすればいいのか。

 

願われる方はもう一度子どもを、教育を再定義してみてください。

大人の意識が変われば、子どもたちも変わります。

夢へのenzinは子どもと大人の心をつなぐ架け橋です。

 

サロン案内は下のボタンからどうぞ。

 

サロン案内はこちらから

 

 

 

 

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

自信ってどうやって身につくと思いますか。 誤解が多くあるなって思いますが「出来るようになったら自信が ...

4

私は夢を持ちたいと願う人ですが、夢を忘れた時期もあります。 心が折れて、しばらくは夢や目標に関する本 ...

5

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-やさしいお母さんになるには
-

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.