スポンサーリンク

 感動は利子がついて返ってくる

先日、実家に帰りました。

月1回は実家に帰るようにしていますが、毎回手土産を買っていくことにしています。

 

『何が好きだっけ?』

『珍しいのがいいのか、定番の味でいいのか』

 

毎度悩むのですが、今回は滋賀のみたらし餅にしました。

photo by http://www.minami-group.jp/minami-sangyo/

餅の中にみたらしが入っているのです。

 

毎回手土産買っていくのですが、コンセプトは『喜んでもらうこと』です。

 

渡した際はどんなリアクションかもチェックしています。

商品名は伏せますが、先月滋賀県のとある銘菓をもっていたらスベったんです。

「赤福の方が美味いなぁ」とのお言葉。

 

今回のみたらし餅は多分大丈夫なはず。

 

・親が普段の買い物でみたらし団子買っている。

・2013年に金賞とったという体裁の良さ。

・みたらしに使われている醤油に関しての独自エピソードがある

 

「さぁ今回はどうだ?」とばかりに渡しましたよ。

結果は上々でした。二人とも気に入ってくれたようです。

 

母がまず食べ、父に勧めていました。

前の「赤福の方が美味いな」とスベった銘菓と比べ遥かに好感触。満足です。

 

私が毎回手土産もっていくのは照れ屋だからです。素直に「ありがとう」と言えないんですね。

振り返って素直に表現したこと・・・ないな、反省。

 

幸せになる親子関係は感動を沢山渡すことを意識してください。

感動させてくれたら感動が返ってきます。