知識・その他

気の弱い子どもが携帯やスマホで悪事に巻き込まれるのはこんなとき。

更新日:

最近では中学生の携帯・スマホの所有率は50%を越えたとか。

私が学生のころはポケベルだったので恐ろしい話です。

 

ポケベルで事件に巻き込まれないですが携帯・スマホはあり得ます。

では巻き込まれるのはどんな場合か。

 

それは「断れないとき」です。

 

気の優しいお子さんだと「ちゃんと断れるかな」と不安にならないでしょうか。

でも「イヤなものはイヤ」と断れる力は身につくものです。

 

「気の優しい=断れない」ではないんです。

いざとなったら断れます。両立します。

 

ではどうすればいいかというと。

 

「あなたはあなたのままでいいんだよ」と無条件の愛を伝えることです。

お子さんに対して「気弱なあなたでもいいんだよ」と思いましょう。

 

それが無条件の愛です。

 

正義より愛

子育ての大原則は正義よりも愛です。

迷ったら思い出してください。正義より愛で問題解決します。

 

無条件に「自分は自分でいいんだ」と思えていると断れるんです。

「イヤだと言ってもいいんだ」と思っているからです。

 

実は気弱でもいい

私が学校で先生をやっていました。

「ウチの子は気が弱くて・・」とおっしゃるお母さんへ。

 

「気が弱い」をマイナスと捉えている方多いですが。

そんなこと全然ないですよ。

 

先生やってて気がついたのです。

 

学校は気が弱い子は損をする世界です。

ゆえに「悪い」「ダメだ」という意識を持ちやすいのです。

 

ただ「気の弱さ=繊細さ」です。

繊細さが良い場面はいくらでもあるわけで。

 

気の弱さより「気が優しい」と思ってください。

気の優しい子は人間関係の貴重な”緩衝材”です。

”調整役””癒やし”でもあります。

 

でも学校では「気が弱い自分はダメなのかな」と思いやすいのです。

 

そんなお子さんに「気の弱いあなたでもいいんだよ」と伝えてあげてください。

喜ぶし、安心しますよ。

dai

dai

おすすめ記事

1

子どもってまずは自分のために生きてるじゃないですか。 食べたいときに食べ、寝たいときに寝ますよね。王 ...

2

子どもにはずっと輝いていてほしいですよね   幼いころ、世界は輝いて見えるんですよ。 曇っ ...

3

私は特別支援学校で先生してました。 障害のある子どもたちは、もっと気力に満ちた子になれるんですよ。 ...

-知識・その他

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.