スポンサーリンク

 こういうのがほしかった

バリアフリーなラジコンカーを見つけましたよ。

イオンモール、ヤマダ電機などおもちゃ屋さんならどこにでも売っていると思います。

こちらです。

「プチドライブ」というもの。

何が優れているかというとリモコン操作が簡単なんです。

「進む」と「回る」の二つのみ

通常は前進、後進、左折、右折とあってややこしい。壁にぶつかったらどうしていいか分かんない。

 

このプチドライブではそんなことは起こりえません。

 

しかも。

防水仕様にもなっていてお風呂場でも遊べます。

 

動画撮ってみました。

壁にぶつかってもOKなのです。

」ボタンを押せばいいだけ。

スピードもゆっくりで室内にピッタリです。これなら一人でもずっと遊べるはず。

 

お値段は近所おもちゃ屋なら2500円。

ヨドバシカメラやAmazonなら2000円ちょいで買えます。※ヨドバシが送料込みで最安値でした。

 

障害のある子どもたちにもアリなのではないか

私は以前は養護学校(特別支援学校)で先生しておりまして。

車椅子に乗る男の子にラジコン用意して手指操作の授業やったことがあります。

 

「もう一回!」とゲラゲラ笑って楽しそうにしておりました。

このラジコンがあれば彼はお家でもラジコンが出来たはず。

 

幸い私は障害者スポーツ団体運営しております。

練習の合間にやってもらいました。

うん、全然伝わらないですね。

 

動画とっておいて正解でした。こちらの方が雰囲気伝わるでしょう。

 

色んな人から好評いただきました。

 

如何でしょうか。

自動車好き、ラジコン好き、スイッチ好き。

操作する楽しさが味わえるわけですよ。

 

子どもってミニカーもって「ぶーん」ってやるじゃないですか。

あれですよ、あれ。あの感動がある。

 

リモコンの改良

ボタンを押すのが難しい子向けの補助の仕方を紹介します。

結果を先にいうとこうなります↑

 

まずはスーパーボールを用意してください。100円ショップで売っているので充分です。

こうやってカッターで真っ二つにします。

リモコンに固定します↓

テープで固定しておしまい。

透明のセロハンテープで固定しています。

押すとこんな感じ。

手の硬直が強い子でもこれなら押しやすいでしょう。

加工費は100円のスーパーボールとセロハンテープのみ。

お時間も3分あれば出来ますよ。

 

というわけでバリアフリーなラジコンカー「プチドライブ」の紹介でした。