「療育は必要なのか」 一覧

療育は運転免許と同じ。生き甲斐探しを手伝う親は感謝されます。

誤解を恐れずに言えば。 療育とは「運転免許」と同じです。 あれば便利ですが、なくてもなんとかなる。人 ...

療育はどこまで頑張ればいいのか。未来を拓くのは子どもの意志。

デリケートな話ですが。   「悪気はないけど実は傷つけている」 そんなことが障害ある子の教 ...

療育をやめたい。スキルより大事な生き甲斐を見つける。

理屈で考えると療育は「やった方がいい」ということになります。 ですが「療育をやめたい」と願うなら、そ ...

親子と先生は立場が違う。気力をなくしたときは希望を見る。

私は昔から数字が苦手です。細かい物事の管理も苦手。 だから経理や事務職に就く気は毛頭なかった。 &n ...

子どもの障害は親のせいではない。今を充実させることで未来は変わる。

お子さんに障害あることが分かったとき「私のせいでこうなった」という発想になりやすいと思います。 でも ...

療育の疲れはなぜ起きるのか。

療育には早期による療育教育が有効である。 お子さんに障害があると分かったとき、全ての保護者の方が「ど ...

バレンタインデーから。障害ある子や親がどうあるかは自由という話。

えーもうすぐバレンタインデーです。 昨年までは特別支援学校で働いていたので職場内による義理チョコなる ...

行き過ぎた療育や教育とは何なのか。

療育や教育に関する知識やノウハウが高まり、ネット上でも色んな情報を得ることが出来るようになりました。 ...

明治神宮で外国人観光客の子どもを見て、特別支援教育の土台となるものを確認した話。

ただ今東京におります。 私は基本は滋賀県が本拠です。で、何しに来たかというと願掛けです。 今年201 ...

東大生の事件から学んでみよう。障害ある子はどれくらい療育や勉強を頑張ればいいのか。

一昔前の話で恐縮ですが『我が子3人全員を東京大学に行かせたお母さん』が脚光を浴びていました。 テレビ ...

障害ある子は受け身になりやすいのはなぜ?療育や学校教育の限界

私が特別支援学校の先生だったころ、非常に受け身な生徒がいました。 大げさでも何でもなく全てが受け身で ...

障害への療育に疲れた。生き甲斐を見つけると全てが変わります。

障害への療育に疲れたなら、減らしても、やめてもいいと思っています。 もちろん、個人によって事情は違う ...

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2017 AllRights Reserved.