「心を育てよう」 一覧

麻痺ある右手は使うべきなの?頑な子が拍手したきっかけ

「やろうと思えば出来るはずなのに何でやらないんだろう??」 「私の教え方が悪いのかな??」 &nbs ...

生きがいとはこれだ。車椅子バスケの練習から自分らしさを見つける話。

滋賀県にある車椅子バスケットボールチーム「LAKE SHIGA」さんの練習を取材させてもらいました。 ...

悪い子はいない。特別支援学校で怒ってモノを投げる子が落ち着いた理由。

この世に良い子はいません。悪い子もいません。 なぜなら良い子にはそれなりの理由があるし、悪い子にもそ ...

脳性麻痺など重度の身体障害ある子がボッチャで前向きになるのはなぜか

私は滋賀県で障害者スポーツボッチャの団体運営をやっています。 私は以前は特別支援学校で先生をやってい ...

不登校など心の問題を防ぎ、成長を促す。忘れてはいけない家庭の役割

私は先生という立場で学習塾や中学校や特別支援学校で子どもたちと接してきました。 その経験から「枠には ...

自閉症の子がスケジュールで行動が変わらない理由

2017/04/23   -心を育てよう
 

「こうすれば上手くいきました」 子育てに関する本や情報には色んな「こうすれば上手くいきました」という ...

動作法訓練などで泣く子ども。どこまで頑張らせるべきか

私は以前は特別支援学校で先生をやっていました。   今回は肢体不自由の子どもたちが取り組む ...

学校で悩む子ども、親は必見。障害ある子と家族が自分らしく生きるための方法。

私は10年ほど特別支援学校で先生をやっていました。 「自立させるのには外見ではなく中身だ」と思ってい ...

支援学校や支援学級での不登校を防ぐ達成感の話。

2017/04/14   -心を育てよう

学校では達成感を感じるのはかなり難しいのです。 本質的に学校とは課題を学ぶ場所です。   ...

筋ジストロフィーなど知的障害のない車椅子の子が小学校に入る際に気をつけるべきこと。

2017/04/13   -心を育てよう

最近、小学校ではエレベーターあるのがが普通になってきました。設備面が整ってきたことにより車椅子に乗る ...

良い子と自分らしさは両立する。学校と家庭の役割とは?

良い人でありながら自分の考えを持っている   たまにそんな人がいますが、偶然でありません。 ...

特別支援学級に通う子ども。朝起きてこないのを起こすべきか否か。

朝起きるのが辛いのはみな同じ。「学校に遅れるから」という理由でつい起こしてしまう家庭は多いです。 私 ...

「私も外出て働きたいわぁ~」と思っているお母さんへ。

2017/03/29   -心を育てよう

私は特別支援学校で先生をやっておりました。沢山の保護者の方とお話させていただいて、お子さんの小さいこ ...

しつこいけど『この世界の片隅に』から。障害ある子の心の有り様に注目すると人生は大きく変わります。

『しつこい』 と怒られそうですが映画『この世界の片隅に』のレビュー第三回目。   私はこの ...

特別支援学校に通う子たちの道しるべになるかもしれない車椅子に乗る青年の話

先日、車椅子に乗る知人とご飯を食べました。 彼は20代前半。 特別支援学校卒で今は訓練施設に通ってい ...

障がい者支援カフェを支援する!と息巻いて安土城に行った話とそこで出会った男の子の話

このブログは障害ある子の生きがいを考えるブログ。 障害ある子の生きがいと安土城は全然関係ないですね。 ...

来年度は特別支援学校高等部。「人と関わる事が好き」という子がやっておくといいこと。

2017/03/13   -心を育てよう

私は以前は特別支援学校で先生をやっておりまして。   日常から卒業生に出くわすことがありま ...

振り回されないために学校や先生の考え方の傾向を知ろうという話

2017/03/05   -心を育てよう

私のブログは基本的に障害ある子を育て中のお母さんが多いはずです。   なのに女性からの反感 ...

褒めても効果ないときにはどうすればいい?麻痺ある男の子を変えた”生きる気力”

以前勤めていた学校の卒業式に行ってきました。 私は昔から卒業式が大好きです。   この日だ ...

7万円損しそうになった話と障害ある子の心を強くする話。

2017/03/02   -心を育てよう

先日車検の時期が近づいてきたので見積もりをしてもらいました。 私が乗っている車は新車で買っては5年目 ...

Copyright© やさしいお母さんになる方法 夢へのenzin , 2018 AllRights Reserved.