スポンサーリンク

 宣伝しなかったら客は0だろう

来る7月7日(土)にボッチャカフェバーを滋賀県守山市で行います。

このボッチャカフェバー。

「障害者スポーツボッチャ」というマイナー競技を扱うゆえに関係者しか来ないことは必至。

 

事前の営業活動が来客数を左右することは容易に予測されます。

来たら天国、来なけりゃ地獄。

まずは営業を頑張らねばなりません。

運営には悟志君と蓮君の2人もスタッフ参加します↑

というわけで、開催地に一番近い養護学校。

私が先生していたところであり、彼らの母校へ行きました。

 

目的は宣伝です。

卒業生も関わるイベントだから、なんとかチラシを置いてもらえないかと。

 

3名とも緊張した面持ち、

「はぁ?ボッチャカフェバー?そんな怪しい企画はお断り!」

「申し訳ありませんが今回はお引き取りください」

そんな悪い予感がしてしかたない

 

依頼は悟志君の元担任の先生にお願いしました。

 

その先生は私が現役時代にお世話になった人でもあります。

「この先生に頼んでダメだったら仕方ない」

そう思いながら部屋へ。

チラシを渡して主旨を説明します。

 

「卒業生たち、保護者さんや関係者の横の繋がりを作りたいんです」

「車椅子の子らが集まれる場所が少ないんです。居酒屋はほぼ皆無なんです」

「将来はファッションや映画、音楽など”サークル”を作りたいと思っています」

「『卒業したら青春オワタ』みたいな子いるんですよ。彼らと熱い会話をしたいんです」

 

実名出して、リアルに私が見聞きしたことを話してきました。

※私の願望も若干入ってますが。

 

話し終わったあと「どんな質問されるんだろう・・」と緊張しておりました。

 

「分かった。じゃあ管理職の先生に決済もらうわ。」

 

・・・え?そんなあっさり。いいの?

 

営業作戦、成功です。

3人でチラシを持っての一枚。

したり顔ですが、終わったあとは「いやぁ、良かったなー。いけるもんやなぁ」と破顔しました。

持つべきものは人脈ですね。

良いコミュニティ作ってみせます。ありがとうございます。

 

この後、蓮君は用事のため帰宅。

私と悟志君とで某有名ハンバーガーチェーンにて祝いの晩飯。

いつもより美味かったです。

 

悟志君「いやー俺は担任に恵まれたわぁ」とのこと。

チラシを受け入れてくれたのと、その後の会話で今の自分を理解してくれたのが嬉しかったようです。

 

「絶対成功させようぜ!」とテンション高く解散いたしました。

 

 

というわけで多分日本初。

マジなボッチャカフェバーは2018年7月7日(土)開催です。

場所は滋賀県守山市レンタルスペース「ルラヴァージュ」さんにて。

JR守山駅から徒歩1分。グランドメゾン守山103号です。

 

近くにバリアフリーのトイレあります。

時間は12時~22時まで。お値段は普通の喫茶店が目安です。

 

出会いと憩い。あと熱い会話を繰広げたいです、個人的には。

やったるでー!

 

 

ボッチャカフェバー協賛金のお願い

ボッチャカフェバーでは協賛金のお願いをしております。

用途は備品購入始め、各費用、謝礼に充てられます。

悟志君&蓮君始め、ボランティアにも来てもらいます。「謝礼払いたいな」と思っております。

よろしければご協力お願いいたします。