スポンサーリンク

この夏をもっとオシャレに

車椅子ユーザーに向けてのメンズファッション講座です。

私の知人の彼に協力してもらいました。

今日の格好はグラフィックTシャツに、薄い迷彩柄のカーゴパンツ、スニーカーというもの。

私は滋賀在住ですが、標準的な服装だと思います。

ここから、2,3アイテムを変えていきます。

派手なTシャツを黒のポロシャツにしました。

ちょっと落ち着いた印象を受けませんか?

 

今度は靴を変えてみます↓

スニーカーから黒の無地スリッポンです。

大人っぽい印象を受けませんか?

 

オシャレにはコツがあります。

ドレスとカジュアルのバランスです。

参考元 オシャレを論理的に教えるサイト KNOWERMAG

 

ドレスというのは、スーツを想像してください。

カジュアルというのは、それ以外の服装。

「洋服を着こなす」「オシャレだねと思われる」というのは、ドレス服とカジュアル服をミックスさせるということ。

↑最初の彼で言えば、カジュアル服のみだったわけです。

Tシャツ、カーゴパンツ、スニーカーはスーツでは着ないですよね。

 

黒ポロシャツ、黒靴でサマになってみえるのは、黒はスーツを連想させる服だから。

暑い時期にポロシャツはオススメです。

みーんな、派手なグラフィックTシャツが多いハズ。

そこで一人だけ、大人っぽい黒ポロシャツを着ている。

 

こちらの黒ポロシャツはユニクロで買えるもの。

たった1980円でみんなよりちょっと上をいけます。

 

もう少し参考例をあげていきますね。

Tシャツ、スニーカーはそのまま。

上にジャケットを羽織り、カーゴをスラックスにしました。

デート、街中へいくオシャレとして上等でしょう。

※実際の話、周りにいた女性陣から「かっこいいー♪」と言われていました。

 

周りにいる男性をよーく観察してみてください。

ほとんどの人がカジュアル服オンリーのハズ。

 

派手な文字や柄入りTシャツ、ボタンをとめないシャツ。

ベージュのチノパン、だぼだぼのカーゴパンツ

スニーカー、クロックスサンダルなどなど。

 

ここに一つ、ドレス服を入れてください。

時期的に今は夏です。

靴はスニーカーでないとダメな場合もあるでしょう。

なのでトップスを工夫しましょう。

 

ドレスなトップスと言えば白シャツです。

頭のキャップとスニーカーを指で隠してみてください。

キャップとスニーカー以外はスーツ姿ですよね。仕事帰りにみえます。※ボタン空いててしまった。

これをカジュアルダウンさせるため、頭にワークキャップを被り、スニーカーをはいてもらっています。

 

今の時期的には下のが丁度いいと思います。

白シャツを細いストライプシャツにチェンジ。

柄が入った分にちょっとカジュアルになりました。

黒ジーンズにスニーカーはそのままです。

 

繰り替えしますが、洋服を買う際はドレスとカジュアルのバランスに気をつけてください。

多くはカジュアル服のハズ。

周りにいる人もカジュアル一色ではないでしょうか。

 

「服装とはカジュアルなんだ」と思ってしまうハズです。

 

カジュアルとは子どもっぽさでもあります。

photo by yassan-yukky

超可愛い男の子の画像を見つけてしまいましたが、全身カジュアルですよね。

子どもがそのままカジュアルな服を着ているので、これはマッチしています。

 

中学、高校くらいになったら「カッコよく」「大人っぽくなりたい」と思うハズ。

なら大人っぽいドレスな服を取り入れてみてください。

その分に、ぐっとカッコよく大人っぽくなれます。

 

ドレスとカジュアルのバランスを意識してください。

もう夏なので無地のポロシャツがいいでしょう。

色は黒か白、濃いネイビーがオススメです。

ユニクロ・GUで充分ですよ。※むしろユニクロ・GUが一番充実しています。

 

今まで着ていた服と合わせてみてください。

「お、かっこいいじゃん」と思うはず。外に出るのが、人に会うのが楽しくなりますよ。

 

今回、協力してくれた彼は、高校時代から知人です。

よりオシャレになった姿に「よし!合コンしようぜ!」と思わず言葉が出てきました、私が。

かっこいい服装は気持ちを前向きにしてくれます。オススメです。